mailto

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

mailtoスキームは、Simple Mail Transfer Protocol (SMTP) による電子メールアドレスを示すものとしてInternet Assigned Numbers Authority (IANA) へ登録されたスキームである。用途が厳密に決まっているわけではないが、mailtoのURLは、そのURLを適用すると、メールクライアントを開き、URL中のアドレスが「To:」欄に入力される、というような動作が想定されている[1][2]

[編集]

HTML中でmailtoを使って、メールを送るためのリンクを設置するには、以下のようになる。

<a href="mailto:someone@example.com">メール送信</a>

SubjectやCCといったヘッダや、本文の初期値を与えることもできるが、改行やスペースについては直接入れることはできず、エンコードする必要がある。

<a href="mailto:someone@example.com?cc=someone_else@example.com&subject=This%20is%20the%20subject&body=This%20is%20the%20body">メール送信</a>

アドレスを複数指定することも可能である。

<a href="mailto:someone@example.com,someoneelse@example.com">Send email</a>

厳密な文法や指定できる値の完全な一覧については、RFC 6068で規定されている。

動作の問題点[編集]

mailtoのリンクはどんな環境でも正しく動くとは限らない。リンクをクリックして正しく動作するためには、メールクライアントがローカルにインストールしてあり、デフォルトとして設定されている必要がある。Webメールの普及により、メールクライアントのない環境、またメールクライアントはプリインストールしてあるものの、設定すらされず放置されている環境も増えてきている。そのような環境でmailtoのリンクをクリックしても、メールクライアントが設定されていないとエラーを出すか、未設定のメールクライアントが開いてしまうという、どちらにしても望まない結果となってしまう。OperaGoogle Chromeなど、ブラウザによってはmailtoのリンクでウェブメールを呼び出せるようにする設定も可能なほか、同様なことを実現するサードパーティのソフトウェアも存在する[3]

セキュリティ上の問題[編集]

RFC 2368でセキュリティ問題が何点か指摘されているが、最大の問題はBotによるメールアドレスの収集である。HTML中のmailtoは、DOM正規表現などで機械的に読み取ることができ、スパマーからの迷惑メールを招くこととなってしまう。

Botによる読み取りを「困難」にする手法も存在はするが[4]、Botの方の性能が上がれば破られてしまいうる。

脚注[編集]

  1. ^ RFC 2368 section 3 : by Paul Hoffman in 1998 discusses operation of the "mailto" URL.
  2. ^ Description of mailto syntax[リンク切れ]
  3. ^ 柳英俊 (2010年11月11日). ““mailto:”リンクをGmailなどのWebメールサービスで開ける「GmailDefaultMaker」”. 窓の杜. Impress Watch. 2012年7月21日閲覧。
  4. ^ Give the Spammers' Harvesting Robots No Chance”. About.com. 2012年7月21日閲覧。