Hyper Text Coffee Pot Control Protocol

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Hyper Text Coffee Pot Control Protocol(ハイパー・テキスト・コーヒーポット・コントロール・プロトコル、HTCPCPハイパーテキスト・コーヒーポット制御プロトコル)とはHTTPの拡張でコーヒーポットを制御する際に用いられる通信プロトコル1998年4月1日に発行されたRFCRFC 2324で規定されている。

エイプリルフールに発行されたジョークRFCではあるが、プロトコルそのものは実行可能なものであり、EmacsにHTCPCPを実装するためのモジュール(coffee.el)が存在する。また大学生の研究対象として、実際にHTCPCPを実装したコーヒーメーカーを試作するといったことも行われている[1]

ただしHTTPをベースとしたプロトコルであるため、「コーヒーポット側からクライアントに『コーヒーが入った』等の通知を送ることができない」などの問題を抱えており(元々がジョークRFCであるため仕方のないことではあるが)、mixiでは本プロトコルの代わりにIRCTwitterによる通知機能を持たせたコーヒーメーカー「萌香」[2]を開発するなど、本プロトコルの代替となるものも提案されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]