LGテレコム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
LGテレコム
各種表記
ハングル LG텔레콤
漢字 -
発音 エルジー テルレコム
英語 LG Telecom
テンプレートを表示

LGテレコム大韓民国携帯電話事業者。本社はソウル特別市永登浦区汝矣島(通称:LGツインタワー)。LGグループや海外の携帯電話事業者の出資で1997年10月にサービスを開始した。株式は韓国取引所、店頭市場部(旧・コスダック)に上場(証券コード:32640)。

LG U+(旧・canU)ブランドを展開している。

合併[編集]

2010年1月1日、LGグループ傘下の通信会社3社が合併し「統合LGテレコム」が誕生、同年7月1日、社名を「LGユープラス(LG Uplus)」に変更した。

ただ、最後発での市場参入であり、しばらくの間は赤字での経営を余儀なくされる。サービスエリアの拡大も懸案事項だったが、一部でKTFのネットワークをローミングすることにより、不便さを解消している。

事業[編集]

最近ではMP3音源を携帯電話機にダウンロードして楽しめるサービスのMusicOnオンラインバンキングサービスのBankOnをライバル他社に先駆けて導入。シェアは国内3つの事業者で、まだ一番低く17%前後であるが、じわじわと勢力を拡大している。ただ、MusicOn導入時には芸能人組合からLGグループ全体に対するボイコット運動も勃発。LGテレコム側では、補償金名目の基金を音楽振興財団に拠出している。

第二世代携帯電話方式にはcdmaOne方式、PCS帯 (1900MHz)を使用。第三世代携帯電話方式は、CDMA2000を採用。EV-DO Rev.Aによる高速パケット通信サービスも提供している。電話番号の頭3桁に付けられる事業者固有番号は019。ただ、ナンバーポータビリティ制度導入後は010に統一されてきている。国際ローミングに対応した端末も販売されており、日本ではKDDIおよび沖縄セルラー電話の各au携帯電話にローミングする(ただし、auのグローバルパスポート対応端末は韓国ではLGテレコムではなくSKテレコムにローミングする)。

ペ・ヨンジュンが長年、テレビコマーシャルで出演していたことで、日本でも名前は知られるようになった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]