EMD GP18形ディーゼル機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
EMD GP18
GM GP18 7007 ALL.jpg
ブラジルALLのGP18。台車形式不明。
動力方式 電気式ディーゼル
製造所 GM-EMD
製造日 1959年12月 - 1963年11月
総製造数 404両
軸配置(アメリカ式) B-B
軌間 1,435 mm
主動力 567D1型
エンジン形式 ディーゼルエンジン
気筒 V型16気筒
出力 1,800馬力 (1,300 kW)

EMD GP18は、1959年12月から1963年11月の間にアメリカGM-EMDが製造した電気式ディーゼル機関車である。GP9の後継機種である。

概要[編集]

前述のとおり、GP9の後継機種として製造が開始され、同時にGP9はカタログ落ちした。原則的に、車体形状もGP9と類似しており、ショート・フードの高さが運転室高さまであるハイ・フードタイプであるが、一部には高さの低いショート・フードを装備する車両もある。GP9との形態差として、ラジエターシャッターが金網状のものから金属製のグリルに変更されている。

搭載するディーゼルエンジンは、GP9に搭載されていた567C型エンジン圧縮比を16から20に上げ、出力を1750馬力から1800馬力に向上させた567D1型エンジンである。

装備のバリエーションとして、ダイナミックブレーキを装備しないもの(ロング・フード中央上部の、左右への張り出しがない)があった。また、グランド・トランク・ウェスタン鉄道(GTW)の4950号 - 4952号とメキシコ国鉄(NdeM)の7520号 - 7529号はショート・フード内に蒸気発生装置を搭載し、GTWの車両は、通常は床下にあるエアタンクをロング・フード屋根上に移設していた。GTWの車両には蒸気発生装置を搭載しないものもあった。なお、通常はショート・フード側が前となるが、GTWの車両はロング・フード側が前となるように設計されていた。ミズーリ・パシフィック鉄道の車両は、アメリカン・ロコモティブの車両から転用したAAR B形台車を装備している。この台車は、大型のゼネラル・エレクトリック製の駆動用モーターを搭載しているため、ホイールベースが長くなっている。

本形式は404両が製造され、うち350両はアメリカに、12両はブラジルに、40両はメキシコに、2両はペルーに納められた。

本形式の車体をGP35(567D3型エンジン搭載、2,500馬力)と同じものとしたのが、GP28である。

参考文献[編集]

  • Marre, Louis A. (1995). Diesel Locomotives: The First 50 Years, pp.114-126. Kalmbach Publishing Co. ISBN 0-89024-258-5.
  • Pinkepank, Jerry A. (1973). The Second Diesel Spotter's Guide. Milwaukee, WI: Kalmbach Publishing Co.. ISBN 0-89024-026-4.

関連項目[編集]