EMD GP35形ディーゼル機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
EMD GP35
BNSF 2500 EMD GP35.jpg
BNSF鉄道のGP35 (旧サンタフェ鉄道)
基本情報
動力方式 電気式ディーゼル
製造所 GM-EMD
製造日 1963年7月 - 1966年1月
総製造数 1333両
主要諸元
軸配置(アメリカ式) B-B
軌間 1,435 mm
主動力 EMD 567D3A型
エンジン回転数 900 rpm
エンジン形式 ディーゼルエンジン
主電動機 V型16気筒
出力 2,500馬力 (1,900 kW)
経歴

EMD GP35は、1963年7月から1966年1月の間にアメリカGM-EMDが製造した電気式ディーゼル機関車である。

概要[編集]

ルーツブロワを装備した1800馬力V型16気筒ディーゼルエンジンである、567D1型エンジンを搭載していたGP28の出力を、2500馬力としたものが本形式である。エンジンは567D3A型となった。そのため、GP28では2つだったラジエターファンが、本形式では3つになっている。

形態のバリエーションとしては、ショート・フードを運転台の高さまで高くしたハイ・フード仕様があり、サザン鉄道ノーフォーク・アンド・ウェスタン鉄道メキシコ国鉄(NdeM)が採用していた。メキシコ国鉄の車両は蒸気発生装置も搭載していた。

装備のバリエーションとして、AAR B形台車を装備したものや、ダイナミックブレーキを装備しないもの(ロング・フード中央上部の、左右への張り出しがない)があった。また、セント・ルイス・サンフランシスコ鉄道(通称フリスコ)とシカゴ・アンド・ノース・ウェスタン鉄道では燃料タンクを3000ガロン(11,355リットル)に拡大し、床下にあったエアタンクを屋根上に載せたものがあり、「トーピード・ボート」(魚雷艇)という愛称で呼ばれた。

本形式は1333両が製造され、うち1250両はアメリカに、26両はカナダに、57両はメキシコに納められた。

本形式のエンジンを、新型のEMD 645E3型とし、さらに出力向上を図ったものが、GP40である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]