EMD GP28形ディーゼル機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
EMD GP28
ALM RR IMG 8746.JPG
アーカンソー・ルイジアナ・アンド・ミシシッピ鉄道のGP28
動力方式 電気式ディーゼル
製造所 GM-EMD
製造日 1964年3月 - 1965年11月
総製造数 31両
軸配置(アメリカ式) B-B
軌間 1,435 mm
主動力 EMD 567D1型
エンジン形式 ディーゼルエンジン
気筒 V型16気筒
出力 1,800馬力 (1,300 kW)

EMD GP28は、1964年3月から1965年11月の間にアメリカGM-EMDが製造した電気式ディーゼル機関車である。GP18のエンジンとGP35の車体を組み合わせた、GP35のノンターボバージョンである。

詳細[編集]

GP35の車体を使用しているため、ショート・フードの高さが低いロー・フードであるが、メキシコチワワ太平洋鉄道の808号 - 810号は、ショート・フード内に蒸気発生装置を搭載しているためハイ・フードタイプとなっている。

装備のバリエーションとして、ダイナミックブレーキを装備しないものがあった。これらの車両にはロング・フード中央上部の左右への張り出しがない。

製造は31両にとどまり、16両はアメリカで使用され、10両はメキシコに、5両はペルーに輸出された。

参考文献[編集]

関連項目[編集]