アメリカ・ラティーナ・ロジスティカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アメリカ・ラティーナ・ロジスティカ(América Latina Logística、略称ALL)は、ブラジル持ち株会社である(Bovespa: ALLL11/ ALLL3/ ALLL4)。ブラジルとアルゼンチン鉄道を運営し、鉄道会社にリースを行うほか、港湾作業、マーチャンダイジング、倉庫業等を営む。本社はブラジル南部のパラナ州の州都、クリチバに所在する。

歴史[編集]

ALLは、ブラジル連邦鉄道(RFFSA)の民営化を受け、1997年フェロビア・スル・アトランティコ(Ferrovia Sul Atlântico、南大西洋鉄道)として設立された。主としてブラジル南部を営業範囲とし、 サンタカタリーナ州リオグランデ・ド・スル州の鉄道路線の営業権を得た。1998年サンパウロ州で運営を開始し、2001年にはブラジルのロジスティクス企業でアルゼンチン、チリウルグアイにもネットワークのあったDelara Ltdaを買収した。2006年には営業範囲をブラジル中部のマットグロッソ州マットグロッソ・ド・スル州にまで拡大した。

1999年、アルゼンチンの鉄道会社の株式を取得後、会社名をアメリカ・ラティーナ・ロジスティカと改称した。

ブラジルの鉄道路線[編集]

前述のとおり、ブラジル南部に営業範囲を広げている。ブラジル国内では軌間1,000mmのメーターゲージである。

アルゼンチンの鉄道路線[編集]

アルゼンチンの鉄道路線は、アメリカに拠点を置く鉄道開発会社(Railroad Development Corporation、RDC)とアルゼンチン政府と共同で保有している。

ALLメソポタミカ[編集]

標準軌で建設された路線。イギリスが保有していたエントレ・リオス鉄道(Entre Ríos Railway)と東アルゼンチン鉄道(East Argentine Railway)がブエノスアイレスから北部のエントレ・リオス州コリエンテス州ミシオネス州に向かう路線として建設したもの。1948年の国有化後、これらの路線は州が保有するヘネラル・ウルキーサ鉄道(Ferrocarril General Urquiza)の一部となった。1993年10月22日の民営化に際しては、メソポタミカ・ヘネラル・ウルキーサ鉄道となった。1999年にALLに買収され、2,240kmの路線網がALLメソポタミカの名の下で営業を開始した。

パラグアイ、ウルグアイの標準軌路線と接続しており、ブラジルのメーターゲージ路線とも接続している。

ALLセントラル[編集]

軌間1,676mmの広軌路線である。やはりイギリスが保有していたブエノスアイレス・アル・パシフィコ鉄道(Buenos Aires and Pacific Railway)が、ブエノスアイレスから西方のメンドーサ州サンフアン州に向かう路線として建設された。1948年の国有化後は、州が保有するヘネラル・サン=マルティン鉄道(Ferrocarril General San Martín、FGCSM)となった。1993年10月22日の民営化に際して、再びブエノスアイレス・アル・パシフィコ鉄道となった。1999年にALLに買収された後にはALLセントラルという路線名で営業を開始した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]