DHMO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DHMOの分子模型。

DHMO(ディー・エイチ・エム・オー)とはDihydrogen Monoxide(ジハイドロジェン・モノオキサイド)の略称で、一酸化二水素(いっさんかにすいそ)とも称される水素酸素化合物化学式では H2O で表される。簡単に言えばで、それをあえてわかりにくくした表現。

対象の物質が水であることを伏せた上で、事実ではあるが極端な説明を述べ、聞き手に恐ろしい物質のように誤認させるというジョークに使われる。

概要[編集]

元々は、1990年にエリック・レヒナーと Lars Norpchen によって考えられたジョークであり、1994年にクレイグ・ジャクソンによって改訂された。その後、1997年アメリカ合衆国アイダホ州の当時14歳の中学生だったネイサン・ゾナーが「人間はいかにだまされやすいか?」 ("How Gullible Are We?") という調査に用いたことがきっかけで世界中に広まったとされる。しかし、1965年に公開された『怪獣大戦争』(日米合作映画)の中にも「酸化水素? なんだ、水のことじゃないか」の台詞があることから、1990年以前にも水を難解な言い方でわかりにくく表現するジョークは存在したと考えられる。

先の調査では「DHMOは、水酸の一種であり、常温液体の物質である」「DHMOは、溶媒冷却剤などによく用いられる」などのように化学物質として解説し、さらに毒性や性質について否定的かつ感情的な言葉で説明を加える。その後、「この物質は法で規制すべきか」と50人に質問をすると、43人が賛成してしまい、6人が回答を留保したのを除き、DHMOが水であることを見抜いたのは1人だけだった。

その後インターネット上にはDHMOの危険性をもっともらしく訴えるウェブサイトが数多く作成され、2003年にはアメリカカリフォルニア州アリソ・ビエホ市英語版議会で、ウェブサイトのジョークを真に受けた担当者らがDHMO規制の決議を試みるという出来事が起きた。決議自体はジョークが判明したために中止された[1]。2013年にはフロリダ州のラジオ局がエイプリルフールのジョーク企画で水道管に満たされているDHMOの危険性について放送したところ、水道局に問合せが殺到。ラジオ局は謝罪し、番組のDJ二人を謹慎処分とする事態となった[1]

DHMOは、先述の逸話とともに、扇動的な言葉(詭弁)に流されがちである環境問題・フードファディズム・脱原発[要検証 ]等といった論を揶揄するために引き合いに出されることも多い。[要出典][誰?] また、いわゆる「いじわる問題」にも使われる。

DHMOのジョークにおいてなされる説明の例[編集]

DHMOの説明は、視点をかなり限定して水についての性質を並べ立てることで、聞き手に否定的な印象を与えるよう工夫されている。これは、事実のみを提示したとしても、その提示の仕方によっては聞き手の認識を誤った方向に誘導することができることを示す例と言える。

ジャクソンによって初めてWebに投稿されたジョークの内容は次の通りである[2]。(原文は英語

DHMOとは、

その危険性に反して、DHMOは頻繁に用いられている。

他に「吸引すると死亡する」(水死のこと)などの文言[1]が付け加えられることもある。これらの説明は全て真実であるが、それが水であることに気づかなければ、そのような危険な物質は規制すべきであると考えてしまいがちである。

類似のジョーク[編集]

類似のジョークとして「パンは危険な食べ物」というものがある。以下の説明は、パン食が一般的である地域にしか当てはまらないものもあるが、パンについて誤ったことは言っておらず、パンは危険な食べ物という印象を与える。

  • 犯罪者の98%はパンを食べている。
  • パンを日常的に食べて育った子供の約半数は、テストが平均点以下である。
  • 暴力的犯罪の90%は、パンを食べてから24時間以内に起きている。
  • パンは中毒症状を引き起こす。被験者に最初はパンと水を与え、後に水だけを与える実験をすると、2日もしないうちにパンを異常にほしがる。
  • 新生児にパンを与えると、のどをつまらせて苦しがる。
  • 18世紀、どの家も各自でパンを焼いていた頃、平均寿命は50歳だった。

関連項目[編集]

参考文献・注[編集]

外部リンク[編集]