AVマルチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PlayStation > AVマルチ
プレイステーション2の背面に配置されたAVマルチ出力端子

AVマルチ (AV MULTI) コネクターとは、アナログ映像信号とアナログステレオ音声信号をまとめて伝送できるコネクター(接続端子および接続ケーブル)のこと。以下、ソニープレイステーション系のゲーム機テレビで使われている「12ピンAVマルチ入出力コネクター」について解説する。主にテレビ側がコンポジットRCA端子)などになった接続ケーブルが用いられる。

概要[編集]

プレイステーション(およびPS one)、プレイステーション2プレイステーション3[1]に標準装備されており、AVマルチケーブル(TV側はコンポジットへ接続する)が標準で付属[2]している。PSXおよびプレイステーション4は非対応。

プレイステーション時代より、オプションでテレビ側がS端子RF端子RGB21ピン[3]のケーブルが発売されたほか、ソニーのテレビ「WEGA」にRGB用のAVマルチ入力端子が付くようになったため、テレビ側もAVマルチ端子のケーブルが発売された。当時既にRGB21ピンを装備したテレビは少なくなっていたため、RGBで接続できることはソニーのテレビの優位な部分であった(画質面のほか配線の単純化などの点で)。

プレイステーション2発売初期のDVDプレーヤーソフトウェアにリージョンコード制限を回避できる不具合が発覚。また、RGB映像信号にはDVD-Video再生時にコピーガードが掛けられないことが問題視され、それ以降の製品ではDVD再生においてRGB出力が禁止され、RGB・色差信号用のAVマルチがソニーのテレビに付けられた[4]が、それ以前のソニーのテレビではAVマルチ端子同士の接続によるDVD再生が事実上不可能となった。プレイステーション2以降、オプションでTV側がコンポーネント端子またはD端子色差信号となっているケーブルも追加された。

2005年にソニーの主力ラインナップ「WEGA」シリーズが「BRAVIA」シリーズにモデルチェンジした際、AVマルチコネクターの搭載は見送られた。2005年5月25日発売のKLV-15SP2、KLV-15AP2(どちらも15インチ液晶テレビ)が最後の搭載機種となった。

出力信号[編集]

DVD再生時はPS2初期型のバージョンアップ前のみ。
SCART端子接続ケーブルは非純正品であるがヨーロッパのAV機器メーカー数社が発売している為、内部コードの繋ぎ変えを伴う改造で互換品製作可能。
  • 色差信号
  • ステレオ音声 - 映像がコンポジット、S端子、コンポーネント端子、D端子の場合はRCA端子で接続する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ プレイステーション3では、HDMIコネクタも併せて装備。
  2. ^ プレイステーションは1996年11月15日発売開始のSCPH-5500以降。
  3. ^ プレイステーション2発売に伴う型番切替えの際、生産終了。
  4. ^ NE Online ディジタル家電---プレステ2のRGB出力問題で,根深い課題が表面化[リンク切れ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • AVマルチケーブル VMC-AVM250
    • ソニー純正AVマルチケーブル。ケーブル全長2.5m。生産完了品。
  • 6機種対応 AVマルチケーブル YK0224
    • ゲームテック製。PS2PSPS oneDCXBSFCに対応。ケーブル全長約2m。生産完了品。
  • PED-W17M
    • ソニー最後のPC用トリニトロンディスプレイであり、かつAVマルチ端子を搭載した万能機である。生産完了品。
  • TVX-F21D1
    • アイワブランドで発売されたAVマルチ端子搭載のDVDプレーヤー内蔵型トリニトロンテレビ。SDブラウン管への搭載は本機種が最後になった。