コンポーネント端子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンポーネントケーブル

コンポーネント端子(コンポーネントたんし)または色差端子(しきさたんし)とは、コンポーネント映像信号で記録または受信する映像機器において、そのままアナログ伝送するインターフェイスである。端子はRCA端子と同じ形状で、Y・B-Y・R-Yの3つの端子がある。Yは輝度・同期信号、B-YおよびR-Yは色差信号である。また3つの端子は全て同形状であるので、接続の便宜を図るためケーブルコネクタは「Y」を緑、「B-Y(Cb、Pb)」を青、「R-Y(Cr、Pr)」を赤と色分けしている。また業務用ディスプレイのコンポーネント映像入力端子は、RCA端子ではなく3BNCの場合がある(市販の変換コネクタにより対応)

規格[編集]

日本におけるハイビジョン接続端子(Y・Pb・Pr)

「ハイビジョン受信機と周辺機器との相互接続」(JEITA CP-1213)に基づいた規格。ハイビジョンテレビなどで使用される従来に比べて高品質な映像信号を分離・合成などの余分な過程を減らして信号の劣化等を極力防ぐ目的で、コンポーネント映像信号をそのまま伝送できるようこの映像端子が使用された。これはMUSEによるハイビジョン放送開始から使用されている。480i相当の映像には対応していない。MUSEデコーダ内蔵ハイビジョンテレビ もしくは、ハイビジョン入力に対応したテレビ・モニターとMUSEデコーダW-VHSデッキ・ハイビジョンLDで、それぞれとの接続用に装備されているのが見受けられる。BSデジタルチューナーでも1080i固定出力であるものはY・Pb・Pr端子となっている。

1080iの固定出力に対応したデジタルチューナーSTBやPS3などを、MUSE時代のY・Pb・Pr接続すれば画角が若干変動するものの、高精細度で視聴できる。

海外における(Y・Pb・Pr)

北米など海外ではY・Pb・Prとだけ表記されていることが多い。480i/pや576i/p相当の映像を伝送できるものを含めてである。 また日本においても海外メーカーのものはY・Pb・Pr表記となってるものがある。

日本におけるDVDプレーヤー向け色差端子[編集]

1996年11月、DVD-Videoプレーヤーの登場によりDVD向けの色差端子またはコンポーネント映像端子が登場した。初めて色差端子を搭載したSD-3000にはY・Cb・Cr表記の色差端子が搭載された。Y・B-Y・R-Y表記をした機種もあったが、基本的にDVD(480i)の色差端子はY・Cb・Cr表記、ハイビジョン向け(1080i/1035i)色差端子がY・Pb・Prと表記されるようになり、メーカー各社のホームページでもそう説明されている。[1][2][3][4]

1999年10月からプログレッシブ色差出力を搭載したDVDプレーヤーが発売されている。この480p相当の画質についてはY・Cb・Cr表記のままプログレッシブ出力をしたメーカーと、Y・Pb/Cb・Pr/Cr表記をしたメーカーがあり、表記が別れた。初のプログレッシブDVDプレーヤーはY・Pb・Prの480p専用出力であった。

現在では出力できる映像にかかわりなくY・Pb/Cb・Pr/Cr端子となっているものが多い。

カラーマトリクス[編集]

家庭用テレビでも色差入力端子においてY・Pb・PrとY・Cb・Crを切り替えられる機種も存在する。DVDではY・Cb・Crに設定した方が良い場合があるからである。

D端子[編集]

D端子は日本独自のローカル規格である。コンポーネント接続ではケーブルを3本接続する必要があって接続が面倒になることや、識別信号の伝送ができないという弱点があり、D端子が開発された。しかしコネクタやケーブルの構造から信号の劣化が起こりやすいこと(特にある程度長い距離の伝送で顕著と言われる)などから現在でもコンポーネント端子の需要は根強く、高級機器では国内メーカー製でもD端子を採用していないものがある。D端子とコンポーネント端子の変換を行うケーブルやアダプターは、各社から発売されている。尚D端子もコンポーネント端子の一種とみなされる場合もある。

今後[編集]

アナログ信号であるため、AACSで制定されたImage Constraint Token (ICT) により、2011年以降のBDレコーダープレーヤー薄型テレビなどの新機種は出力がSDに制限(D2以上での高画質伝送が禁止)され、2014年以降の新機種には搭載されなくなる見通しである(アナログ出力が全面禁止となるため)。この理由により今後はコンポーネント端子はD端子と共に廃止されHDMIに一本化される可能性が高い(薄型テレビおよびBDレコーダーの2011年モデルにはD端子およびコンポーネント端子を廃止した機種が登場)。

LD DVD複合機[編集]

LD DVD複合機においてDVD-Videoはコンポーネント端子から出力できるが、レーザーディスクはコンポーネント端子から出力すると映像がモノクロになる機種が存在する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ DVD周辺技術講座 http://www.jva-net.or.jp/dvd-tech/chapter_1.html 日本映像ソフト協会
  2. ^ http://faq.pioneer.co.jp/faq2/userqa.do?user=piofaq&faq=dvdplay&id=12016&eval=0&type=1&parent=3157 コンポーネント出力端子とは何か? パイオニア
  3. ^ http://warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/286922/www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/housou/digital/look/setsuzoku.html
  4. ^ http://panasonic.jp/support/term/japan/component_1.html コンポーネント・ビデオ信号(色差信号、Y/Pb/Pr、Y/Cb/Cr) パナソニック

関連項目[編集]