AGM-78 (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

AGM-78 スタンダードARM

AGM-78 スタンダードARM: Standard ARM)は、アメリカ合衆国ジェネラル・ダイナミクスによって開発されたミサイルである。ARM(Anti-Radiation Missile)は対電波源ミサイル、すなわち対レーダーミサイルを表す。

概要[編集]

AGM-78は、1960年代後期に当初アメリカ海軍のために開発され、主に小さな弾頭、限られた射程と劣った誘導装置で苦しんだAGM-45 シュライクを補うために開発された。この開発プロジェクトにZAGM-78Aの名称が与えられた。ジェネラル・ダイナミクスは、RIM-66 スタンダード (SM-1)艦対空ミサイルを改修することによって空中発射型ARMを開発するよう依頼された。この「既製品」設計の使用は大幅に開発費を減らし、わずか1年の開発の後、新しい兵器の試験が1967年に開始された。最初の作戦用ミサイルは、1968年前半に出荷され、アメリカ空軍とアメリカ海軍で使用された。

AGM-78は、AGM-45に比べて高性能ではあるものの非常に高価であり、しばらくの間はシュライクも使われ続けた。新しいミサイルは、F-105F/GA-6B/Eに搭載された。

AGM-78は、「starm」(スタンダードARMの省略形)というあだ名をつけられ、すべてのバージョンを含め、3,000発以上のAGM-78が製造された。生産は1970年代後期に終了したが、最後のスタンダードARMが1980年代後期にAGM-88 HARMと置き換えられるまで、スタンダードARMの運用はほぼ10年間続けられた。

各型[編集]

F-4Gワイルド・ウィーゼル。AGM-78(左翼)、AGM-45(右翼)及びECMポッドを搭載している。

AGM-78A[編集]

スタンダードARMの最初のバージョンであるAGM-78A-1 Mod 0(別名:STARM Mod 0)は、AGM-45A-3Aの対レーダー用シーカー・ヘッドをRIM-66の先端に取り付け、空中発射しただけにすぎないものだった。AGM-78Aは、エアロジェット Mk-27 Mod 4デュアル・スラスト固体燃料ロケット・モーターによって推進され、爆風破砕弾頭を備えていた。

AGM-78Aの訓練用不活性弾頭弾(イナート弾)はATM-78Aとして作成された。そのミサイルは形、サイズ及び質量はAGM-78Aと等しいが、シーカー・ヘッド、弾頭又は推進システムがなく、基本的にただの重荷にすぎなかった。

AGM-78A-2は、爆撃損害評価(BDA)能力と追加攻撃のためにSAMサイトの照準を容易にするSDU-6/B黄リン目標マーカー照明弾を導入した。

  • AGM-78A-1: 初期生産型
    • 機関: Mk-27 Mod 4
  • AGM-78A-2: 目標マーカー装備型
  • AGM-78A-4: B型登場後に新型記憶回路とシーカーで更新された型
  • ATM-78A: 訓練用AGM-78A
    • 機関: Mk-27

AGM-78B[編集]

AGM-45(右翼)、AGM-78B(左翼)を装備したF-105G1970年5月5日撮影。

AGM-78BはスタンダードARMで最も重要なバージョンであり、アメリカ空軍のF-4Gワイルド・ウィーゼルで広く使われていた。

1969年に、AGM-78B(別名:STARM Mod 1)と呼ばれる改善されたモデルが生産された。これは、任務の前にシーカーを選ぶ必要がなく、より多くの広い種類の目標に対してミサイルを使用することを可能にしたブロード・バンドシーカーを特徴とした。簡単な記憶回路も備えられ、たとえレーダーがシャット・ダウンされたとしてもレーダーの方向を記憶し、一旦ロックオンしてしまえば、ミサイルが目標に向かうことを可能にした。以前のARMは、目標を見失うと正しいコースから外れて命中しなかった。その結果、レーダーのオン/オフを切り替えることがミサイル部隊の標準的な戦術になった。

若干の初期のAGM-78A-1は、新しい記憶回路とシーカーで更新され、AGM-78A-4に指定された。また、AGM-78Bの訓練弾が、ATM-78Bとして作成された。

  • AGM-78B: ブロードバンド・シーカー、記憶回路装備
    • 機関: Mk-27 Mod 4
  • ATM-78B: 訓練用AGM-78B
    • 機関: Mk-27 Mod 2/3

AGM-78C[編集]

AGM-78を搭載しているF-106A。試験的に搭載しているもののようだが、この組み合わせは珍しい。

AGM-78Cは、1970年代初期に生産された。アメリカ空軍のプロジェクトは、より信頼性が高く、製造コストがより安いことをCモデル開発の主目的とした。また、SDU-29/B黄リン目標マーカーを備えていた。いくらかの以前のミサイルは、AGM-78Cに格上げされた。前述のATM-78Bと同様にATM-78C訓練弾が生産された。

  • AGM-78C: 高信頼性、低コスト重視型
    • 機関: Mk-27 Mod 4
  • ATM-78C: 訓練用AGM-78C
    • 機関: Mk-69 Mod 0

AGM-78D[編集]

IAF博物館所蔵のイスラエルのケーレス(Keres)AGM-78スタンダードARMランチャー

AGM-78Dは、1973年から1976年の間に生産され、新しいロケット・モーターを備えていた。これに続くAGM-78D-2は、アクティブ光学信管、更により大きな信頼性と100 kg(223 lb)の新しい爆風破砕弾頭を備えていた。これに続いてATM-78D訓練弾が生産された。

  • AGM-78D-1: 新型ロケット・モーター装備
    • 機関: Mk-69 Mod 0
  • AGM-78D-2: アクティブ光学信管、新型弾頭装備
  • ATM-78D: 訓練用AGM-78D
    • 機関: Mk-69 Mod 0

RGM-66D[編集]

艦載用対レーダーミサイルRGM-66Dは、AGM-78の弾体を用いてRIM-66とAIM-97 シークバット空対空ミサイルの特徴を持っていた。

搭載機種[編集]

仕様[編集]

AGM-78B[編集]

出典:Designation-Systems.Net[1], National Museum of the U.S. Air Force[2]

  • 全長: 4.57 m (15 ft)
  • 翼幅: 108 cm (3 ft 66.5 in)
  • 直径: 34.3 cm (1 ft 1.5 in)
  • 発射重量: 621 kg (1,370 lb)
  • 機関:エアロジェット Mk 27 Mod 4 固体燃料ロケット・モーター
    推力: 534 kN (120,000 lbf)
  • 射程: 最高 90 km (56 mi)
  • 速度: 最高 M 2.0
  • 弾頭: 爆風破砕弾頭 100 kg (223 lb)
  • 信管:アクティブ光学近接信管

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Parsch, Andreas (2002年5月25日). “AGM-78” (英語). Directory of U.S. Military Rockets and Missiles. Designation-Systems.Net. 2007年7月28日閲覧。
  2. ^ AGM-78 Standard ARM” (英語). National Museum of the U.S. Air Force. アメリカ空軍. 2007年7月28日閲覧。

関連項目[編集]