73式軽機関銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
73式軽機関銃
73式軽機関銃
種類 軍用機関銃
製造国 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
設計・製造 第1機械工場[1]
仕様
種別 汎用機関銃
口径 7.62mm
銃身長 608mm
使用弾薬 7.62mm×54R
装弾数 ベルト給弾式/30発箱型弾倉
作動方式 ガス圧
全長 1190mm
重量 10.6kg
発射速度 600-700発/分
歴史
設計年 1973年
配備期間 1973年 -
配備先 朝鮮人民軍
テンプレートを表示

73式軽機関銃は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の第1機械工場[2]朝鮮人民軍向けに設計・製造された軽機関銃である。現在の基準に照らし合わせると旧式の火器であり、北朝鮮以外ではまったく確認されていないが、人民軍では現在でも使用されている。

歴史[編集]

生産が開始された時期は不明だが、1960年代ソビエト連邦PK機関銃の設計に影響を受けているとされる。2002年、国連軍停戦監視委員会によって、非武装地帯近辺の北朝鮮兵士が境界線の北方100~400mの位置に73式を配置していることが確認された[3]。2012年3月9日に朝鮮中央通信が報じた映像[4]の中でも、箱型弾倉を装填した73式による射撃訓練の様子が確認できる。

設計[編集]

主な設計は1960年代のソ連製PK機関銃に基づいているが、チェコスロバキアVz.52軽機関銃に基づく弾倉装填/ベルト装填の切り替え機構や取り外し可能な銃身スリーブなど、独自の変更箇所を持つ[5]

脚注[編集]

  1. ^ Bermudez Jr., p 50.
  2. ^ 人民軍向け兵器製造の責任部門
  3. ^ U.N.: North Korea has violated DMZ agreement”. CNN (2002年12月27日). 2011年6月8日閲覧。
  4. ^ 「報復の銃・砲火を浴びせる朝鮮人民内務軍将兵」(Youtube)
  5. ^ Type 73 7.62 mm general purpose machine gun (Korea, North), Machine guns”. Jane's. 2011年6月8日閲覧。

参考文献[編集]

  • Bermudez Jr., Joseph S. (2001-03-14). The Armed Forces of North Korea. I.B. Tauris. ISBN 1-86064-486-4.