麻疹・風疹混合ワクチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

麻疹・風疹混合ワクチン(ましん・ふうしんこんごうワクチン、MRワクチン)とは、従来の麻疹(Measles)・風疹(Rubella)ワクチンを混合したワクチンである。2005年6月に承認され、2006年4月から定期接種として接種が開始された。

沿革[編集]

麻疹のワクチンの接種状況(2010年
麻疹の障害調整生命年2002年、人口10万人当たり)
  no data
  ≦10
  10~25
  25~50
  50~75
  75~100
  100~250
  250~500
  500~750
  750~1000
  1000~1500
  1500~2000
  ≧2000

1988年から定期接種が開始された麻疹・流行性耳下腺炎・風疹混合ワクチン新三種混合ワクチン、MMRワクチン)は、ムンプスワクチンを原因とする無菌性髄膜炎の発症率が想定以上に高かった為、1993年に接種を中止した。

その後、MMRワクチンからムンプスワクチンを除いたMRワクチンが2005年6月に認可された。

実際の接種は2006年4月からであり、併せて改正された予防接種法により第1期(満1歳~2歳未満)、第2期(就学前の1年間)の2回接種法にて定期接種とされた。

MRワクチン開発及び2回接種の理由[編集]

  • 女性の社会進出に伴い、乳幼児の集団保育が増加していること。また、集団保育機会の増加が求められていること:集団保育は、その当然の帰結として感染症罹患の機会を増加させることとなる。そのため、感染力の強い疾病の予防策を強化したいという需要が生じた。また、現に感染症に罹患している際にはワクチン接種を受けられないため、ワクチン計画全体での接種回数はなるべく少ないほうがよい。そのため、2種のワクチンを別個に接種するよりも、混合接種したほうが有利であるとされた。
  • 麻疹・風疹の流行が減少したことにより、ワクチン既接種者が麻疹・風疹患者に接触する機会が減少し、ワクチン接種後長期間を経過することによって抗体価の低下が起こっていること:ワクチン既接種者では、その後に対象ウイルスに接触することによりさらに抗体価が上昇する(ブースター効果)。しかし麻疹・風疹の流行が減少したため、ブースター効果が得られず、成人する頃には感染防御に十分な抗体価を有さない者も増加していると考えられる。2006年、関東の一部地域で、ワクチン既接種者に麻疹(修飾麻疹)が流行していると報じられたのも、このような背景があってのことである。2回目の接種を行うことでブースター効果を発生させ、抗体価の上昇を得る狙いがある。
  • 先天性風疹症候群の危険性:先天性風疹症候群は、妊娠初期~中期の妊婦が風疹に罹患することにより、胎児が白内障先天性心疾患難聴精神発達遅滞などの先天性障害を持つものである。かつては風疹ワクチンは女子のみに定期接種が行われていたが、これは性差別であるとして、男女とも幼児期に接種するように改められた。しかし、妊婦が風疹に対する抗体価を有していたとしても、不顕性感染による先天性風疹症候群の発症を予防できない可能性が示唆されている。このため、風疹ワクチンを2回接種として風疹の流行自体を予防することが必要という主張がある。
  • 諸外国との関係、麻疹撲滅:先進諸国では麻疹はほとんど見られない疾患のため、小規模ながらも麻疹の流行が見られる日本は、諸外国からは麻疹の「輸出国」と見られている。麻疹は理論上は、痘瘡(天然痘)のように撲滅が可能な疾患であるため、日本は麻疹撲滅の動きの足を引っ張っているという批判もある。このため、麻疹ワクチンの接種率を高め、2回接種を徹底させて麻疹の流行を予防することが、国外からも求められるようになった。

接種スケジュール[編集]

定期接種[編集]

  • 1回目
月齢12~23ヶ月
  • 2回目
小学校入学前の1年間
中学1年次の1年間(2008年4月~2013年3月までの時限措置の予定)
高校3年次の1年間(2008年4月~2013年3月までの時限措置の予定)

任意接種[編集]

満1歳以上かつ定期接種対象及び接種対象年齢以外

2回接種法の変遷[編集]

  • 2006年4月の接種開始時点で、2回目の接種は1回目にMRワクチンの接種を受けた者に限定されていた為、2回目の接種が開始されるのは2010年4月からとなってしまい、流行予防対策としては不十分といわざるを得ず、2006年6月に予防接種法が再度改正され、1回目を単抗原ワクチンで別個に受けたものも2回目の対象に加わえられた。
  • 2006年4月時点で2歳以上3歳未満であり、且つ単抗原の麻疹ワクチン・風疹ワクチンの接種を受けていないものは経過措置として多くの自治体で公費での任意接種が実施された。
  • 2007年のout breakの対策として一部の自治体で2回目の接種年齢を超過した児童・生徒に公費での任意接種を行われた。
  • 国としての経過措置として2008年4月より5年間の時限措置で中学1年生及び高校3年生も定期接種が行われている。
  • 2008年より過去の罹患歴の有無に関わらず、ワクチン接種を行うことが出来るようになった。このため、例えば風疹罹患歴のある者に対してもMRワクチンの接種が可能となった。風疹の罹患歴は、溶連菌感染症、エンテロウイルス感染症などの誤診である場合もあり、より確実な風疹抗体の獲得機会が得られることになった。なお、実際の罹患歴があってもワクチンの接種による不利益の増大はない。

諸外国の現状[編集]

2004年現在でMMRを定期接種するのは105ヶ国であり、ロシアでは麻疹・ムンプス混合ワクチンを接種している。

2005年9月、米国食品医薬品局(FDA)は、MMRにさらに水痘-帯状疱疹ワクチンを加えたMMRVワクチンを認可し、2006年より接種が開始された。

ムンプスワクチンによる無菌性髄膜炎について[編集]

日本イギリスフランスカナダ等で使用された占部株やロシア連邦等で使用されたレニングラード・ザグレブ株をムンプスワクチンとして接種した場合に無菌性髄膜炎の発生頻度が非常に高く、この事が原因で日本ではMMRワクチンの接種を中止した(イギリス等はMMRに含まれるワクチン株をJeryl Lynn株に変更して接種を継続)。