障害調整生命年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2004年における10万人あたりの全についての障害調整生命年[1]
  データ無し
  9250未満
  9250-16000
  16000-22750
  22750-29500
  29500-36250
  36250-43000
  43000-49750
  49750-56500
  56500-63250
  63250-70000
  70000-80000
  80000を超える

障害調整生命年(しょうがいちょうせいせいめいねん、: disability-adjusted life year (DALY))とは、病的状態、障害、早死により失われた年数を意味した疾病負荷を総合的に示すものである。元来はハーバード大学により世界銀行のために1990年に開発されたものであるが、後にWHOがその手法を2000年に採用したものである。障害調整生命年は、公衆衛生健康影響評価英語版 (HIA)[2] の分野で次第に一般的なものとなってきている。障害調整生命年は、早死によって失われた潜在的な年数の概念を拡張して、損なわれた健康や障害のために失われた健康的な生活の年数も含めたものである[3]。それにより、死亡率と疾病率は単一の共通指標に統合されることになる。

伝統的に、健康の損失は、単一の指標である損失生存年数[4] (Years of Life Lost: YLL) の期待値(平均値)で表現されてきた。この計算方法のみでは、障害生存年数[4] (Years Lived with Disability: YLD) と呼ばれる障害による影響が考慮されていない。障害調整生命年は、これらの2つの要素の和である。計算式は次のとおり。

障害調整生命年 (DALY) = 損失生存年数 (YLL) + 障害生存年数 (YLD)[5]

障害調整生命年は、早死により失われた期間と疾病により障害を余儀なくされた期間の双方の期間を慢性疾患による影響として最も妥当な指標であるとみなしている。1障害調整生命年は、それゆえ、1年間の健康生活が失われたことと同等である。日本人の平均余命が世界で最も長いので、日本人の平均余命が早死の評価の基準値として使われている[6]

障害調整生命年から疾病損失を見てみると、諸国民全体の健康の状態について驚くべき実態が浮き上がってくる。例えば、1990年のWHOの報告は、10大障害原因のうち5つまでが精神疾患によるものであることを示している。精神的及び神経的な病的な状態は、障害を有した生活のうちの28%を占めているが、その反面、全死亡のわずか1.4%しか占めておらず、損失生存年数の1.1%しか占めていない。それゆえ、精神疾患は、伝統的に疫学的には重要な問題と捉えられていなかったが、障害年数を考慮に入れると諸国民に対して非常に大きな影響を与えていることが示されている。

[編集]

障害調整生命年

社会的重み付け[編集]

いくつかの研究では青年時の年代に重み付けして障害調整生命年を計算している。この計算式では10歳と55歳前後が全体の平均値に相当し、25歳前後で最高値となり、幼児や高齢者で最低値となる。

障害調整生命年についての研究群での大きな相違点は、年齢に応じた値に「社会的重み付け」をつけるかどうかである。通常、青年としての年代は、子供や中高年の年代に比べてより高い価値付けがなされる。この重み付け方式は、生産性と子供時代の教育投資の収益回収に関連した社会的利益を反映させている。社会は、幼児に対しては相対的にほとんど投資をしていないし、中高年者からは投資に見合う回収を既に社会が実質的に受けているからである。青年は、教育等の最大限の投資を受け終わり、働き始めたばかりで、社会は投資に見合った利益を青年からほとんど得ていないからである。

グローバル疾病負荷英語版 (GBD) 2001-2002年の研究では生存年を同等に計算したが、グローバル疾病負荷1990年及び同2004年の研究では以下の計算式を使用している[7]

W = 0.1658 Y e−0.04 Y[8]

ここでYとは実際の年齢を表し、Wとは平均すれば1となる係数を表す。eとは自然対数の底でe = 2.71828である。

これらの研究では、さらに対象者の年齢が増した場合、1年ごとに翌年は前年に比べて3%減価されて97%の価値で計算されることになる。

平均余命と損失年数、減価、社会的重み付けの相互作用の影響は、疾病の重篤さと疾病期間に関連して複雑になっている。例えば、グローバル疾病負荷1990年の研究で採用されたパラメーターは、39歳以前の死亡に対してはそれ以降の年齢と比較して高い重み付けを与えており、新生児の死亡に対して33障害調整生命年を与え、5-20歳の死亡に対しては概ね36障害調整生命年を与えている[9]

国別の例[編集]

オーストラリア[編集]

(25.1/1,000)、心臓病 (23.8/1,000)、メンタル問題 (17.6/1,000)、神経疾患 (15.7/1,000)、慢性呼吸器疾患 (9.4/1,000) 及び糖尿病 (7.2/1,000) が平均余命を損う損失年や早死の原因となる代表的な疾病である[10]

PTSDの状況[編集]

2004年の世界の人口の多い25ヶ国での障害調整生命年によると、心的外傷後ストレス障害 (PTSD) の影響はアジア太平洋諸国や米国で最も多く出ている(ここに示されるように)。

歴史及び使用[編集]

障害調整生命年は、1990年に発表されたグローバル疾病負荷として知られているWHOと世界銀行の研究としてマーレーとロペスによって初めて提唱された。障害調整生命年は現在、国連WHOによりGlobal Burden of Diseaseなどの出版物で用いられている主要な指標となっている。

脚注[編集]

  1. ^ WHO Disease and injury country estimates”. World Health Organization (2009年). 2009年11月11日閲覧。
  2. ^ 健康影響評価 (Health Impact Assessment: HIA)
  3. ^ Death and DALY estimates for 2004 by cause for WHO Member States: Persons, all ages (xls)”. World Health Organization (2002年). 2009年11月12日閲覧。
  4. ^ a b 医療計画における精神疾患の位置づけに関する提案
  5. ^ Havelaar, Arie (August 2007) (pdf). Methodological choices for calculating the disease burden and cost-of-illness of foodborne zoonoses in European countries. Med-Vet-Net. http://www.medvetnet.org/pdf/Reports/Report_07-002.pdf 2008年4月5日閲覧。. 
  6. ^ Menken M, Munsat TL, Toole JF. The Global Burden of Disease Study - Implications for Neurology. Arch Neurol. 2000;57:418-420
  7. ^ Disability weights, discounting and age weighting of DALYs”. WHO. 2008年4月5日閲覧。
  8. ^ The Global Burden of Disease concept”. WHO. 2008年4月5日閲覧。
  9. ^ Mathers, Colin D. et al. (2007-11). “Measuring the Burden of Neglected Tropical Diseases: The Global Burden of Disease Framework”. PLoS Neglected Tropical Diseases. doi:10.1371/journal.pntd.0000114#pntd.0000114-Barendregt1. 
  10. ^ Chant, Kerry (November 2008) (pdf). The Health of the People of New South Wales (summary report). Chief Health Officer, Government of New South Wales. http://mhcs.health.nsw.gov.au/pubs/2008/pdf/chorep_summary_08.pdf 2009年1月17日閲覧。. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]