鹿本郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日本 > 熊本県 > 鹿本郡

鹿本郡(かもとぐん)は、熊本県に存在した

消滅前日の時点で、以下の1町を含んでいた。

2010年3月23日、植木町が熊本市に編入されたため消滅した。

1896年4月1日、郡制に基づき山鹿郡(やまがぐん)・山本郡(やまもとぐん)が合併してできた。郡名は、合併前の両郡の名前を合成したものである。当時の郡域には、現在の山鹿市の全域および熊本市北区植木町に相当する。

沿革[編集]

  • 1896年(明治29年)4月1日 - 山鹿郡山本郡が合併し発足。(3町24村)
  • 1954年(昭和29年)4月1日(2町15村)
    • 山鹿町・米田村・川辺村・八幡村・平小城村・三岳村・三玉村・大道村が合併し、山鹿市が発足、郡より離脱。
    • 岳間村・岩野村・広見村が合併し、鹿北村が発足。
  • 1955年(昭和30年)1月1日 - 植木町・山本村・田原村・菱形村・桜井村・山東村・吉松村が合併し、植木町が発足。(2町9村)
  • 1955年(昭和30年)4月1日(2町6村)
  • 1955年(昭和30年)7月1日 - 千田村・米野岳村・山内村が合併し、鹿央村が発足。(2町4村)
  • 1963年(昭和38年)12月1日 - 鹿北村が町制施行し鹿北町となる。(3町3村)
  • 1965年(昭和40年)10月1日 - 菊鹿村が町制施行し菊鹿町となる。(4町2村)
  • 1965年(昭和40年)11月1日 - 鹿央村が町制施行し鹿央町となる。(5町1村)
  • 1969年(昭和44年)4月1日 - 田底村が植木町に編入。(5町)
  • 2005年(平成17年)1月15日 - 鹿央町・鹿北町・鹿本町・菊鹿町が山鹿市と合併し、山鹿市が発足、郡より離脱。(1町)
  • 2010年(平成22年)3月23日 - 植木町が熊本市に編入。同日鹿本郡消滅。
明治22年以前 旧郡 明治29年4月1日 明治29年 - 昭和19年 昭和20年 - 昭和29年 昭和30年 - 昭和39年 昭和40年 - 昭和63年 平成1年 - 現在 現在
山鹿郡 山鹿町 山鹿町 昭和29年4月1日
山鹿市
山鹿市 山鹿市 平成17年1月15日
山鹿市
山鹿市
川辺村 川辺村
八幡村 八幡村
平小城村 平小城村
三嶽村 三嶽村
三玉村 三玉村
米田村 米田村
大道村 大道村
来民町 来民町 来民町 昭和30年4月1日
鹿本町
鹿本町
中富村 中富村 中富村
稲田村 稲田村 稲田村
岩野村 岩野村 昭和29年4月1日
鹿北村
昭和38年12月1日
町制
鹿北町
広見村 広見村
嶽間村 嶽間村
六郷村 六郷村 六郷村 昭和30年4月1日
菊鹿村
昭和40年10月1日
町制
内田村 内田村 内田村
菊池郡
城北村
菊池郡
城北村
菊池郡
城北村
山鹿郡 千田村 千田村 千田村 昭和30年7月1日
鹿央村
昭和40年11月1日
町制
米野岳村 米野岳村 米野岳村
山本郡 山内村 山内村 山内村
植木町 植木町 植木町 昭和30年7月1日
植木町
植木町 平成22年3月23日
熊本市に編入
熊本市
菱形村 菱形村 菱形村
桜井村 桜井村 桜井村
山東村 山東村 山東村
吉松村 吉松村 吉松村
山本村 山本村 山本村
田原村 田原村 田原村
田底村 田底村 田底村 田底村 昭和44年4月1日
植木町に編入
  • 昭和32年2月1日 菊鹿村稗方を菊池郡菊池町に編入

関連項目[編集]