馬鴻逵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
馬鴻逵
Ma Hongkui civilian clothing.jpg
プロフィール
出生: 1892年3月9日
光緒18年2月11日)
死去: 1970年1月14日
Flag of the United States.svg アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
出身地: 清の旗 甘粛省蘭州府河州城
職業: 軍人・政治家
各種表記
繁体字 馬鴻逵
簡体字 马鸿逵
拼音 Mă Hóngkuí
和名表記: ば こうき
発音転記: マー ホンクイ
ラテン字 Ma Hung-k'ui
テンプレートを表示

馬 鴻逵(ば こうき)は中華民国初期に寧夏地方の西北部を支配した回族軍閥馬家軍の長の一人。父馬福祥のあとを継ぎ寧夏新軍を率い、「寧夏王」と呼ばれた。

概要[編集]

国民政府の首脳部と(1934年)
一番左が馬鴻逵。それより右へ叔父の馬福壽・胡宗南張学良蒋介石。一番右が鴻逵の妻。

第二次直奉戦争時、馬鴻逵の部隊は馮玉祥国民軍に編入された。1926年、 馬鴻逵は馮玉祥から国民連軍第四路軍の司令官に任命された。1927年、馬鴻逵と馮玉祥は部隊を引き連れ陝西省潼関に進駐し、北伐軍と戦った。1929年、馮玉祥と蒋介石が次第に対立を深めていく中、馬鴻逵親子は馮玉祥に見切りをつけ、アメリカやイギリスを後ろ盾にもっていた蒋介石についた。1930年中原大戦が勃発し、馬鴻逵は蒋介石側につき第六十四師団長となり奮闘し忠誠をみせ、山東省泰安の制圧後第十五路軍司令官に昇進された。

1932年、馬鴻逵は寧夏省主席(知事)に任命され、1937年に日本軍の総攻撃を開始されるまで陝西 - 寧夏地帯で中国共産党勢力と戦いを繰り返した。また、同時期に自分達の縄張りで甥の馬仲英と張り合いたくなかった馬歩芳馬歩青、馬鴻逵、馬鴻賓達は馬仲英に甘粛新疆など他地域で発展することを勧めそれを支援した。

日中戦争勃発後、馬鴻逵は兄弟の馬鴻賓の部隊と合わせて第十七集団軍に編成され、馬鴻逵は第十七集団軍総司令及び第八戦区副司令長に任命された。

日本投降後、国共内戦が勃発し、馬鴻逵は蒋介石の中国国民党側につき共産党と戦った。1949年、国民党の敗色が濃厚になると、馬鴻逵は台湾に逃れた。台湾で馬鴻逵は監察院から自領での敗戦責任を問われ、病気の側室を探訪する名目で香港に逃走した。1950年クレア・リー・シェンノートの協力の下に馬鴻逵はアメリカに逃れ、1970年1月14日に死去するまでロサンゼルス牧場を営んだ。

経歴[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年
 中華民国の旗 中華民国国民政府
先代:
門致中
寧夏省政府主席
1931年6月 - 1949年
次代:
(廃止)
先代:
郭寄嶠
甘粛省政府主席
1949年7月
次代:
丁宜中(代理)