馬仲英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
馬仲英
Ma Chungying.jpg
プロフィール
出生: 1912年民国元年)
死去: 1937年
Flag of the Soviet Union.svg ソビエト連邦
出身地: 清の旗 甘粛省蘭州府河州城
職業: 軍人
各種表記
繁体字 馬仲英
簡体字 马仲英
拼音 Mǎ Zhòngyīng
和名表記: ば ちゅうえい
発音転記: マー ジョンイン
ラテン字 Ma Chung-ying
テンプレートを表示

馬 仲英(ば ちゅうえい)は中華民国の軍人。馬麟の甥で、馬家軍の有力頭領である。旧名は歩英子才回族出身。

事跡[編集]

青海軍事学校に入学する。1925年民国14年)、寧海軍騎兵第11営の幇帯となった。1928年(民国17年)、馮玉祥に反旗を翻した。しかし国民軍劉郁芬に敗北して、河西に逃れた。

1929年(民国18年)、蒋介石から討逆軍第15路軍第2路縦隊司令に任命され、反蒋軍と戦う。1930年(民国19年)、山東省に赴いて馬鴻逵の参議となった。同年中に寧夏省に引き返し、引き続き馬鴻逵の下で教導大隊長をつとめている。

1931年(民国20年)、馬仲英は河西行政委員会を組織し、さらに甘州4県と粛州7県を河西省として、同省政府主席を自称する挙に出る。しかし同年4月に、青海省の馬歩芳の攻撃を受け、酒泉へ逃れた。同年中に、今度は新疆省へ軍を率いて進入し、同省政府主席金樹仁と交戦した。しかし、クムル(哈密)を攻略できず、河西へ退却した。

1932年(民国21年)、馬仲英は、蒋介石により国民革命軍新編第36師師長に任命された。翌1933年(民国22年)5月、またしても新疆へ進攻し、同省政府主席盛世才と交戦した。馬は、トルファンなど13の県城を占領し、9月には、新疆省政府委員にも任命されている。しかし、1934年(民国23年)、盛の反撃に敗北してしまう。馬は退却途中に、東トルキスタン共和国(第1次)とホータンのイスラム教政権を攻め滅ぼしている。同年7月、馬仲英は、部隊の200人とともに、ソビエト連邦へ向かい、空軍に加入した。

1937年(民国26年)、飛行機事故により死亡。享年26。

逸話[編集]

新疆での馬仲英の戦いには、スヴェン・ヘディンも巻き込まれ、彼自身は馬に面会したことがないが、この件に関する詳細な記録を残している。この記録の邦訳に、小野忍訳『馬仲英の逃亡』(初版;改造社、1938年。新版:中公文庫、2002年)がある。

参考文献[編集]