餡掛け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
餡かけきしめん

餡掛け(あんかけ)とは、調味液(煮汁)にあるいは出汁で溶いたでん粉葛粉片栗粉じゃがいも澱粉)など)を加えて加熱しとろみを付けそれをかけた料理の総称[1][2][3]。また、特に調味しただし汁に水溶きの葛粉片栗粉を用いてとろみを付けたうどんそばのこと[4][5]

概要[編集]

葛餡(くずあん)は葛溜(くずだまり)とも呼ばれる[6][3]。蒸した料理あるいは茹でた料理の上からかけたり[7]、あるいは、下に敷いて用いられることもある(敷餡という)[7]

餡掛けを用いた料理は口触りが滑らかになり冷めにくく体が温まるという特徴がある[1][2]

中国料理では(リウ)と呼ばれる[1]

うどん・そば[編集]

調味しただし汁に水溶きの葛粉片栗粉を用いてとろみを付けたうどんそばのことを単に「餡掛け(あんかけ)」と称することがある[4][5]江戸時代には「あんぺい」と称され[4]関西では「のっぺい」と称されたという[4]あんかけうどんあんかけそばも参照。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『料理食材大事典』主婦の友社 p.44 1996年
  2. ^ a b 『丸善食品総合辞典』丸善 p.63 1998年
  3. ^ a b 松下幸子著『図説江戸料理事典』柏書房 p.362 1996年
  4. ^ a b c d 岡田哲編『コムギ粉料理探究事典』東京堂出版 p.51 1999年
  5. ^ a b 川上行蔵監修『日本料理由来事典(上)』同朋舎出版 p.74 1990年
  6. ^ 松下幸子著『図説江戸料理事典』柏書房 p.358 1996年
  7. ^ a b 松下幸子著『図説江戸料理事典』柏書房 p.363 1996年

関連項目[編集]