離散信号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
離散時間信号
デジタル信号

離散信号: Discrete signal)もしくは離散時間信号: Discrete-time signal)は、連続信号標本化した信号時系列である。連続信号とは違い、離散信号は連続信号の関数ではないが量の系列である、つまり離散的な整数の範囲の関数である。これらの系列の値を「標本値(sample)」という。

離散信号が均一に間隔を置かれた回に対応する系列である場合、それは関連する標本化周波数を持っている、標本化周波数はデータ系列ではわからないので、別のデータ項目として関連付けられるかもしれない。

デジタル信号[編集]

デジタル信号は、離散的な値だけを引き受けた、離散信号。それは量子化された離散信号から得る。

関連項目[編集]