量子化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

量子化(りょうしか、Quantization)とは、ある物理量が量子の整数倍になること、あるいは整数倍にする処理のこと。

物理学における量子化[編集]

物理学において、古典力学で連続量と考えられていた物理量が、(時間・空間等を代表する様々な条件に影響を受けて一定ではないことを例として) 量子力学量子条件に合わせて離散的な(とびとびの)値として観測されること。連続量を不連続量で表す近似ではない

古典力学の理論から量子力学の理論に移行するための手続きそのものを指す場合もある。具体的には正準量子化経路積分量子化、確率過程量子化などが存在する。

情報理論における量子化[編集]

情報理論信号処理において、標本化で得られた離散時間信号のようなアナログデータ(連続量)をデジタルデータなどの離散的な値で近似的に表すこと。値をあらわすのに用いるビット数を量子化ビット数と言い、一般に、これを増やして、離散値としてとりうる値の範囲を広げると、量子化誤差が減り、量子化の精度が上がる。

データ圧縮における量子化[編集]

データ圧縮においては、値の精度を落としてより少ない(粗い)区間に分け直すこと。元の区間に戻すことを逆量子化と呼ぶ。

関連記事[編集]