長野県篠ノ井高等学校犀峡校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
長野県犀峡高等学校から転送)
移動: 案内検索
長野県篠ノ井高等学校犀峡校
過去の名称 牧郷教員養成所
更級西部中等公民学校
更級西部農学校
長野県犀峡農業高等学校
長野県犀峡高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 長野県
併合学校 水内高等女学校
設立年月日 1921年
(牧郷教員養成所)
共学・別学 男女共学
分校 2011年4月
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 20119H
所在地 381-2413
長野県長野市信州新町下市場70
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

長野県篠ノ井高等学校犀峡校(ながのけんしののいこうとうがっこうさいきょうこう)は、長野県長野市信州新町下市場にある公立(県立)高等学校

概要[編集]

文化祭は「琅鶴祭」(ろうかくさい)と称し、近隣に所在する「琅鶴湖」(ろうかくこ、水内ダム湖)に由来する。 また、分校長の位置付けは、副校長となる。(校長は、長野県篠ノ井高等学校校長となる)

沿革[編集]

  • 1921年7月 - 牧郷教員養成所として開校。
  • 1924年4月1日 - 牧郷村外四ケ村学校組合に移管。更級西部中等公民学校に改称。
  • 1940年3月31日 - 更級西部農学校に改称。
  • 1948年4月1日 - 水内高等女学校と統合し、牧郷村外五ケ村学校組合立の長野県犀峡農業高等学校となる。
  • 1949年4月1日 - 県立に移管。長野県犀峡高等学校となる。普通科を設置。
  • 1950年3月31日 - 農業課程廃止。
  • 1968年3月31日 - 定時制課程閉課程。
  • 2006年9月15日 - 長野県中条高等学校との統合案を県議会が否決。
  • 2010年7月8日 - 長野県教育委員会定例会(第909回)で、長野県篠ノ井高等学校の地域キャンパス(分校)化の実施が決定。
  • 2010年10月14日 - 平成22年9月定例県議会において、犀峡高校を2011年(平成23年)4月に篠ノ井高校の分校とすることが同意され、可決された。
  • 2011年4月1日 - 長野県篠ノ井高等学校犀峡校が開校。
  • 2011年4月7日 - 同新校名で、開校式が行われた。入学式も同日に行われ、入学生は、同新校名の第1期となる。
  • 2011年10月 - バレー部が廃部になり、バドミントン同好会に変更。
  • 2013年3月2日 - 同年(平成24年度(2012年度))で、同年(度)時の第65回卒業証書授与式の卒業生をもって、長野県犀峡高等学校生がすべて卒業し、同日、閉校式が行われる。
  • 2013年3月31日 - 長野県犀峡高等学校が閉校。
  • 2013年4月1日 - 長野県篠ノ井高等学校犀峡校に完全移行。

教育目標[編集]

  • 確かな学力と生きる力の向上を目指し、学習指導と進路指導を充実する。
  • 地域と連携し、地域の特性を生かした魅力ある教育活動を推進する。
  • 学校をあげてクラブ活動を活性化し、生徒一人ひとりの個性を伸す。

出身者[編集]

校章[編集]

モチーフは、柿の葉で、三角形に並んでいる中央部に、「高」の字がある

校歌・応援歌[編集]

最寄駅[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]