超絶技巧練習曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

超絶技巧練習曲(ちょうぜつぎこうれんしゅうきょく、フランス語Études d'exécution transcendante, サール番号:S.139, ラーベ番号:R.2b)は、ハンガリーのピアニスト、フランツ・リストの作曲した、ピアノのための12の練習曲である。2度にわたる改訂が行われている。

改訂の歴史[編集]

  • 1826年(15歳) - フランス(op.6)、ドイツ(op.1)で初稿を出版。「すべての長短調のための48の練習曲」(実際には12曲)というタイトルであった。サール番号はS.136。
  • 1837年(26歳) - パリ、ミラノ、ウィーンにて第2稿「24の大練習曲 Op.6」(実際には12曲)が出版される。献呈は彼の師でもあるカール・ツェルニーに。サール番号はS.137。
  • 1840年 - 「マゼッパ」を改作。
  • 1852年(41歳) - 第3稿が出版される。今日もっとも頻繁に演奏されているのはこの稿である。この曲集についても第2稿同様にカール・ツェルニーに献呈された。

構成[編集]

すべて異なる調で書かれている。2曲組で同じ調号の長調と短調(平行調)とし、2曲ごとに調号の♭がひとつずつ増えていく。この事とタイトルから、初版と第2版とでは全ての調性を網羅しようとしていたが結局断念して12曲に落ち着いたと考えられる。初版と第2、3版では曲順が異なる。

以下は第2、3版の構成である。特記したもの以外は第1版の曲を改作したもの。テンポの変更も記す。

  1. ハ長調『前奏曲』(Preludio) - Presto
  2. イ短調 - Molto vivace a capriccio → Molto vivace
  3. ヘ長調『風景』(Paysage) - Poco adagio
  4. ニ短調マゼッパ』(Mazeppa) - Allegro patetico → Allegro
  5. 変ロ長調『鬼火』(Feux follets) - Equalmente → Allegretto
  6. ト短調『幻影』(Vision) - Largo patetico → Lento
  7. 変ホ長調『英雄』(Eroica) - Allegro deciso → Allegro
  8. ハ短調『荒々しき狩』(Wilde Jagd) - Presto strepitoso → Presto furioso
  9. 変イ長調『回想』(Ricordanza) - Andantino
  10. ヘ短調 - Presto molto agitato → Allegro agitato molto
  11. 変ニ長調『夕べの調べ』(Harmonies du soir) - Lento assai → Andantino
    • 第1版の第7曲を移調・改作。
  12. 変ロ短調『雪あらし』(Chasse-neige) - Andantino → Andante con moto

第2版にはタイトルはまだついておらず、『マゼッパ』の題がついたのは1840年の改作からである。また第2版のみつけられる愛称ではあるが、シューマンが特に第6番、第7番、第8番の3曲を以下のように評した。

嵐の練習曲、恐怖の練習曲で、これを弾きこなせる者は世界中探してもせいぜい10人くらいしかあるまい。へたな演奏家が弾いたら、物笑いの種になる事だろう。

まれにだが、第3版の第10番ヘ短調を俗称で『熱情』と呼ぶことがある。

以下は初版の構成である[1]

  1. ハ長調 - Allegro con fuoco
  2. イ短調 - Allegro non molto
  3. ヘ長調 - Allegro sempre legato
  4. ニ短調 - Allegretto
  5. 変ロ長調 - Moderato
  6. ト短調 - Molto agitato
  7. 変ホ長調 - Allegretto con molta espressione
    • 第2版以降、移調して11番に移動。
  8. ハ短調 - Allegro con spirito
  9. 変イ長調 - Allegro grazioso
  10. ヘ短調 - Moderato
  11. 変ニ長調 - Allegro grazioso
    • 第2版以降削除。
  12. 変ロ短調 - Allegro non troppo

特に演奏困難な第2稿[編集]

第2稿の「24の大練習曲」については良く演奏される第3稿に比べるとはるかに難度が高い。しかし、演奏効果は第3稿の方が高いという見識が一般的なので、第2稿がコンサートで演奏される事はほとんど無いに等しい。かの大ピアニストクラウディオ・アラウ、偉大なピアノ教師ゲンリフ・ネイガウスの2人ともが「演奏不可能」との見解で一致している。

ロベルト・シューマンの音楽エッセイ集『音楽と音楽家』には、1837年時点での「24の大練習曲集」についてのエッセイが収められており、内容は以下のようになっている。

前にも言った通り、この曲は巨匠による演奏で聴かなければならない。できる事ならば、リスト自身による演奏がいいだろう。しかし、たとえリストが弾いても、あらゆる限界を超えたところや、得られる効果が、犠牲にされた美しさに対して、充分の償いとなっていないようなところでは、耳障りな箇所がたくさんあるだろうと思う。しかし何はともあれ、来るべき冬の彼の到着は、心から待ち遠しい。

つまり、第2稿はリスト本人の技術をもってしても、十分な表現力をこめた演奏は非常に困難であるとシューマンは言っていたことになる。

主な録音[編集]

前述のように演奏・録音されるのはもっぱら第3稿である。ショパンの練習曲ほどではないが演奏される機会が多く、ピアノの演奏会用練習曲では代表的な存在である。知名度が突出した曲がないことや、全12曲でCD1枚に収まる長さ(65~70分程度)のため、全曲録音される場合が多い。

ラザール・ベルマンクラウディオ・アラウジョルジュ・シフラなどが知られる。また若いピアニストがヴィルトゥオーソ性を示すためにレパートリーに選ぶことが多く、近年ではフレディ・ケンプ小菅優アリス=紗良・オットボリス・ベレゾフスキーなどが録音している。

演奏困難な第2稿の全曲録音は、レスリー・ハワードのリスト全曲集に含まれるものが代表的。Janice WeberもCDを出していたが、絶版。Massimo Gonが全曲演奏を達成し、本人のWEBから直販で入手が可能。イディル・ビレットは69歳で全曲録音に成功、Naxosから入手可能である。このように、必ずしも演奏不可能、というわけではなくなった。

脚注[編集]

  1. ^ リスト(作曲) 『リスト:12の練習曲(作品1番)』 小林秀雄 校訂、全音楽譜出版社〈Zen-on piano library〉、2006年2月ISBN 97841111402062013年5月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]