茂林区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高雄市 茂林区
別称: 多納
DelerigaBridge.jpg
地理
Maolin KH.svg
位置 北緯22°54'
東経120°40'
面積: 194.0000 km²
各種表記
繁体字: 茂林
日本語読み: もりん
漢語: Màolín
通用: Màolín
注音符号: ㄇㄠˋ ㄌㄧㄣˊ
片仮名転写: マオリン
行政
行政区分: 市轄区
上位行政区画: 高雄市
下位行政区画: 3里19鄰
政府所在地: -
茂林区長: 盧進義
公式サイト: 茂林区公所
情報
総人口: 1,834 人(2014年1月)
戸数: 577 戸(2014年1月)
郵便番号: 851
市外局番: 07
茂林区の木: -
茂林区の花: -
茂林区の鳥: -

茂林区(もりんく)は、台湾高雄市に位置する市轄区

地理[編集]

茂林区は高雄市南東部に位置し、北は桃源区と、西は六亀区屏東県高樹郷と、東は台東県延平郷と、南は屏東県三地門郷霧台郷とそれぞれ接し、県内で最も人口が少ない地方行政区画である。中央山脈南麓に位置し、標高は230mから2,700mの山岳地帯となっており、その中を濁口渓が流れている。原住民であるルカイ族が住人の大部分を占めている。

歴史[編集]

茂林区は古くからルカイ族の居住地であった。旧名の「トナ」は漢人の命名による「墩仔」が一般にも通ずるようになったものである。日本統治初期は原住民は日本による統治に反発し、警官を殺害するなどの反乱を起こした。警官隊が出動し反乱は鎮圧されたが、この反乱を「屯子の役」と称したため、それ以降臺灣語の「墩仔」を音訳した「トナ(支那語轉寫:多納)」が地名として使用されることとなった。1920年の台湾地方制度改制の際、高雄州旗山郡の蕃地とされた。戦後ははじめ高雄県多納郷とされたが1957年に高雄県茂林郷と改称、2010年12月25日の高雄県の高雄市編入に併せて茂林区と改編されて現在に至る。

経済[編集]

行政区[編集]

歴代区長[編集]

氏名 退任日

教育[編集]

国民中学[編集]

国民小学[編集]

交通[編集]

種別 路線名称 その他
省道 台27線

観光[編集]

扇平の渓流

外部リンク[編集]