高樹郷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
屏東県の旗 屏東県 高樹郷
別称: 東振新庄・高樹下庄
Kss.JPG
南興路(台27線
地理
Heitou takakikyou.svg
位置 北緯22°49'
東経120°38'
面積: 90.1522 km²
各種表記
繁体字: 高樹郷
日本語読み: こうじゅ
たかき、たかぎ(慣用読み)
漢語: Gāoshù
通用: -
注音符号: ㄍㄠ ㄕㄨˋ
片仮名転写: ガオシュー
行政
行政区分:
上位行政区画: 屏東県の旗 屏東県
下位行政区画: 19村295鄰
政府所在地: -
高樹郷長: 廖文賢
公式サイト: 高樹郷公所
情報
総人口: 25,642 人(2014年1月)
戸数: 9,422 戸(2014年1月)
郵便番号: 906
市外局番: 08
高樹郷の木: -
高樹郷の花: -
高樹郷の鳥: -

高樹郷(こうじゅ、慣用読み:たかき-きょう[1]、たかぎ[2])は、台湾屏東県

地理[編集]

高樹郷は屏東県北部に位置し、北は高雄市六亀区茂林区と、東は三地門郷と、西は里港郷と、西北は高雄市美濃区と、南は塩埔郷とそれぞれ接している。 屏東平原東北部に位置し、南投の丘陵地帯を除き高屏渓の本流及び支流による沖積平原により構成され地勢は平坦である。年間平均気温は28℃、年間降水量は2,500mmである。

歴史[編集]

高樹郷は古くは原住民であるパイワン族、平埔族の居住地であった。1737年頃から福建、広東より客家移民がこの地に入植し、集落を形成すると共に、集落の中心として「東振館」を建築したことから「東振新庄」と称され、また集落に木棉樹が聳えていたことから「高樹下庄」とも称されるようになった。1920年の台湾地方改制の際、この地に「高樹庄」が設けられ、高雄州屏東郡の管內とされた。戦後は高雄県高樹郷とされたが、1950年に屏東県帰属に改編され現在に至る。

経済[編集]

行政区[編集]

歴代郷長[編集]

氏名 着任日 退任日

教育[編集]

国民中学[編集]

国民小学[編集]


交通[編集]

種別 路線名称 その他
省道 台22線
省道 台27線

観光[編集]

屏東平原を流れる荖濃渓。写真の荖濃渓左岸の大部分は高樹郷

出典[編集]

  1. ^ 「州、廳ノ位置、管轄區域及郡市ノ名稱、位置、管轄區域」大正九年八月十日、臺灣總督府令第四十七號
  2. ^ 新道滿編 『ローマ字發音 臺灣市街庄名の讀み方』 東都書籍株式會社、昭和十三年、一三三頁。

外部リンク[編集]