梓官区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高雄市 梓官区
別称:
高雄市梓官區公所.JPG
梓官区役所
地理
Zihguan KH.svg
位置 北緯22°46'
東経120°16'
面積: 11.5967 km²
各種表記
繁体字: 梓官區
日本語読み: しかん
漢語: Zĭguān
通用: Tzŭkuān
注音符号: ㄗˇ ㄍㄨㄢ
片仮名転写: ヅーグァン
行政
行政区分: 市轄区
上位行政区画: 高雄市
下位行政区画: 15里286鄰
政府所在地: -
梓官区長: 蕭添財
公式サイト: 梓官区公所
情報
総人口: 36,398 人(2014年1月)
戸数: 12,359 戸(2014年1月)
郵便番号: 826
市外局番: 07
梓官区の木: -
梓官区の花: -
梓官区の鳥: -

梓官区(しかんく)は、台湾高雄市に位置する市轄区

地理[編集]

梓官区は高雄市西部沿海に位置し、北は弥陀区と、東は橋頭区と、東北は岡山区と、南は楠梓区とそれぞれ接し、西は台湾海峡に面している。沿海の平原地帯に位置し地勢は平坦である。熱帯モンスーン気候に属し年間平均気温は23~25℃、年間降水量は1,500mmである。

歴史[編集]

梓官区の地名の由来には2説ある。一つは鄭成功が台湾に移った後、福建省漳州富豪「王梓」率が率いて入植した王、鄭、蔡、欧、蘇姓の人々が「王梓」を「梓官」と尊称したことに由来するというものであり、別説では「梓」は「木匠」を意味し、昔この地に造船業が発達し、船大工を「官」と尊称したことと関連し、この地に船大工が多く集まっていたことから「梓官」と命名されたと言われている。 日本統治時代初期はこの地に「梓官区」が設けられたが、1910年に「彌陀庄」へと編入され、1920年の台湾地方改制の際に高雄州岡山郡の管轄となった。戦後は高雄県彌陀郷の一部とされたが、1951年4月に高雄県梓官郷として分割された。2010年12月25日の高雄県の高雄市編入に伴い梓官区と改編され現在に至る。

経済[編集]

行政区[編集]

歴代区長[編集]

氏名 退任日

教育[編集]

国民中学[編集]

国民小学[編集]

交通[編集]

種別 路線名称 その他
省道 台17線
省道 台19甲線

観光[編集]

外部リンク[編集]