第5回ア式蹴球全国優勝大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第5回ア式蹴球全国優勝大会(だい5かいアしきしゅうきゅうぜんこくゆうしょうたいかい)は、1925年10月29日から11月2日にかけて明治神宮外苑競技場で開かれたア式蹴球全国優勝大会である。

概要[編集]

  • 予選には45チームの申し込みがあり、予選会も東京予選および九州予選がそれぞれ東部・西部予選から分離し6地区で行われた。
  • 本大会出場も6チームに増加。
  • 鯉城蹴球団×御影蹴球団の準決勝は、今でも「日本サッカー史上最大の紛糾試合」として語り草になっている。10月30日の準決勝は、両チーム譲らず1-1の引き分け。その日は日没となったので延長戦は翌10月31日に行なわれ、御影蹴球団が1点を奪取して2日がかりの試合に決着をつけたと思われたが、鯉城蹴球団から抗議が起こった。御影は前日負傷した選手に代わって、登録外の選手を出場させた、というアピールだった。延々6時間、話し合いは難航に難航を重ねた。結局、鯉城蹴球団の抗議が認められ再試合になったものの、これも引き分けとなり日没になった。11月1日朝8時から延長戦だけを行い、ようやく鯉城蹴球団の清水直右衛門が決勝ゴールを挙げ3-2となり、3日がかり4試合のケリをつけた。ルール解釈にまだ曖昧さを残していた時代の混乱ぶりが窺える。
  • 東京帝国大学が大学勢として初の決勝進出。決勝戦で敗れ、鯉城蹴球団が2連覇。

出場チーム[編集]

試合[編集]

準々決勝[編集]

  • 水戸高校 9-0 鹿児島師範
  • 御影蹴球団 6-1 名古屋蹴球団

準決勝[編集]

  • 東京帝大 1-0 水戸高校
  • 鯉城蹴球団 1-1 御影蹴球団(日没引き分け)
  • 御影蹴球団 2-1 鯉城蹴球団(不正選手発覚により再試合)
  • 鯉城蹴球団 3-2(延長) 御影蹴球団

決勝戦[編集]

  • 鯉城蹴球団 3-0 東京帝大