第31師団 (日本軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第31師団
創設 1943年(昭和18年)3月22日
廃止 1945年昭和20年)
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
所在地 タイ-ビルマ-(タイ)
編成地 タイ
通称号/略称
補充担任 甲府
最終上級単位 緬甸方面軍
最終位置 ビルマ タトン
主な戦歴 太平洋戦争
(インパール作戦)
テンプレートを表示

第31師団(だいさんじゅういちしだん)は、大日本帝国陸軍師団の一つ。

沿革[編集]

第31師団は、1943年(昭和18年)3月22日タイバンコクで、第18師団川口支隊(歩兵第35旅団司令部及び歩兵第124連隊)と、第13師団の歩兵第58連隊・第116師団の歩兵第138連隊・第40師団の山砲兵第40連隊を基幹に編成され、直ちに第15軍戦闘序列に編入された。インパール作戦中に第15軍が糧秣を供給しないことに抗議して独断で撤退したことで知られる。

師団概要[編集]

師団幹部[編集]

師団長[編集]

  • 佐藤幸徳中将) 1943年(昭和18年)3月25日 - 1944年(昭和19年)7月5日
  • 河田槌太郎(中将) 1944年(昭和19年)7月5日 - 終戦

歩兵団長[編集]

参謀長[編集]

隷下部隊[編集]

インパール作戦時[編集]

第31歩兵団  第138連隊(中突進隊) 鳥飼恒男大佐

最終所属部隊[編集]

  • 歩兵第58連隊高田):稲毛譲大佐
  • 歩兵第124連隊(福岡):福沢定和大佐
  • 歩兵第138連隊(奈良):鳥飼恒男大佐
  • 山砲兵第31連隊:大矢部省三大佐
  • 工兵第31連隊:鈴木孝大佐
  • 輜重兵第31連隊:野中久治大佐
  • 第31師団通信隊:西村七男少佐
  • 第31師団兵器勤務隊:船越帰一大尉
  • 第31師団衛生隊:板谷明憲中佐
  • 第31師団第1野戦病院:渡部三郎軍医少佐
  • 第31師団第2野戦病院:守正道軍医少佐
  • 第31師団第3野戦病院:牧瀬忠正軍医少佐    
  • 第31師団防疫給水部:飯田栄一軍医少佐
  • 第31師団病馬廠:角野千秋獣医中尉

関連項目[編集]