秦檜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
杭州の岳王廟にある秦檜夫妻の。かつてはこの像にを吐きかける習慣があった。右が秦檜で、左が王氏

秦 檜(しん かい、1090年 - 1155年)は、南宋宰相は会之。江寧(現在の南京)出身。との講和を進め和議を結ぶが、その過程において岳飛ら抗金派の政府要人を謀殺・平民へ落とすなどした、その後も自らの権力保持のために敵国の金の圧力を背景に恐怖政治を敷いたので、後世、その名は売国奴の代名詞となり蔑まれた。妻は王氏(宰相・王珪の娘)、実子の名は不詳、養子秦熺の子である孫が秦塤[1]

略歴[編集]

1115年科挙に合格、順調に出世を重ねる。1127年に金が北宋を滅ぼし、華北統治のために張邦昌を首領に据え傀儡国家を創ろうとした際、秦檜は反対したとして反対した他の朝臣と共に粘没喝の軍に北へ連れ去られ、その後他の宋旧臣は各地へ連行されたが、秦檜のみは厚遇を受けている。金宗室撻懶の密命を承諾した秦檜は、南宋の主戦論を押さえ込んで和約する策略のため南へ送られた。

1130年、秦檜は金から解放されると南の高宗の元へ辿り着いた。高宗は帰還した秦檜に向けて喜びを表し、即日礼部尚書とした、翌年には宰相となった。その後、一時期宰相を罷免されるが、すぐに復帰して金との交渉を担った。

当時は岳飛を初めとする対金戦で軍功を挙げた武官が台頭しており、主戦派の政治家と共に講和派の秦檜を批判した。これに対して金の圧力を背景に高宗の支持を得た秦檜は、禁軍将帥や張邦昌等の軍閥間の不仲から起きた対立と均衡の上に政権を掌握した。

1141年、講和に反対する多数の将軍や政治家の官職を剥奪して身分を落とし、救国の英雄と言われた岳飛に至っては「莫須有(有ったかもしれない)」として反逆罪で謀殺。主戦派を抑圧して権力を握った秦檜は、翌年、金が占領している国土を割譲し宋が金に毎年銀25万両と絹25万疋を金に貢げるという屈辱的な内容の和議を結んだ(紹興の和議)。

その後も秦檜に対する非難は止まなかったが、反対派や義軍に対しては徹底的な弾圧を行い、講和に批判的な民衆に対しても文字の獄を起して弾圧するなど、19年の長きに渡って専権を極め続けた。

1155年、宰相の地位に居座ること20年、66歳で死んだ。岳飛の孫である岳珂が著した『程史』によれば、危篤であった秦檜はなおも政敵であった張浚を追い落とそうとしていた。病床の秦檜は役人が持参した張浚に対する判決を記した奏牘(上奏文)に署名をしようとしたところ、手が震えて書くことが出来なかった。さすがの妻の王氏も屏風の後から手を振って「太師(秦檜)を疲れさせないように」と述べて役人を引上げさせようとした。秦檜はなおも署名しようとしたが、ついに机に倒れ込みそのまま死亡したという[2]

高宗は金を後ろ楯とする秦檜に対して隠忍自重を重ね、秦檜の生前には「私は彼を得たことが嬉しくて夜も眠れない程だ」と語っていたが、秦檜が死ぬと楊存中に対してそれは本意ではなく「私は今日からは靴の中に匕首を隠さずに済む」と語り、秦檜派の朝臣100人以上を弾劾のうえ罷免している。

評価[編集]

当時の南宋は、「抗金の名将」と呼ばれる有能な将軍が多数輩出され、南宋の歴史を通じて例外的に軍事力が充実した時期であったために、講和は国土回復の絶好機を逃し国家を誤ったと評されることが多い。特に1140年に岳飛が北伐を行い、開封まであと一歩に迫りながら補給が続かず撤退を余儀なくされた事も、秦檜の献策により高宗が不当な撤退命令を送ったのが原因とされた[3]

同時代の人物による評価
朱熹
秦檜より40歳年下で、その政権下の1148年に実施された科挙で進士となった朱熹は秦檜に対して次のように厳しく批判している[4][5]。また、浙東堤挙常平茶塩公事として温州の州治・永嘉県を視察した朱熹は温州ではかつて知事を務めた秦檜が崇敬されて県学に祠が作られていると知るや取り壊しを命じている(『晦庵先生朱文公文集』巻99「除秦檜祠移文」)[6]
  • 秦檜は、昔は品行純正な人であった。その時には立派な知り合いもいたが、晩年には、彼から離れていき、すべてだめになった。
  • 秦檜は士大夫の小人である。
  • 秦檜は、和議を唱導して国を誤らせ、夷秋の力を頼んで天子を眩ませ、ついには人の守るべき道を踏みにじって、親を忘れ、君をあとまわしにした。これは、秦檜の大罪である。
宋史での評価(代の評価)
元代に編纂された『宋史』では秦檜は「姦臣伝」に入れられ次のように酷評されている[7]
  • 二度、あわせて十九年間も宰相の位に在りながら、天子を脅し悪心を抱き、講和を唱えて国家を誤まり、仇を忘れて人の行うべき道を壊した。時の忠臣や良将の、ほとんど全部が根絶やしにされ、頑迷固随にして愚か、しかも破廉恥な輩が、秦槍の手先になった。
代の評価
明代には、正徳8年(1513年)には岳王廟の前に罪人姿の秦檜夫妻と万俟离(岳飛の取り調べを実行した秦檜の部下)の銅像が作られ、万暦年間には張俊(岳飛と敵対した秦檜派の軍人)の像も加えられた。この像に唾を吐きかける習慣が最近まであり、「像に唾を吐いたり、叩いたりしてはならない」という掲示がされるようになった。
邱濬のように秦檜を弁護する意見も無い訳ではなかったが、秦檜は姦臣との見解が大勢であった。
代の評価
清代に入ると、清朝にとっての先祖が建国した金と和議を結んだ秦檜を、肯定的に評価する事例も幾つか見受けられる。
銭大昕による評価
  • 宋と金とは仇敵であるから、筋道からは講和すべきではない。その為、紹興年間の君臣は和議を押し通したことで後世から謗り辱められている。(略)当時は良将が多く、宋は頻繁に軍を動かしていた。秦檜の和議の意図は民の負担軽減だと私は思う。時勢からすれば、失策とまでは言えない。[8]
趙翼による評価
  • 道理論(義理の説)と現実論(時勢の論)は往々にして合致せず、全ての事柄を道理によって行う事は出来ない。思うに道理も現実を直視せねばならず、それが真の道理(真義理)である。二帝が捕虜となり、中原を失った、復仇し恥を雪ごうとを思い続けるのは道理である。しかし、敗れ続け疲弊している(略)長躯北伐して皇帝を帰還させる事が不可能なのは小さな子供でも知っている。故に秦檜が用いられる前にも和議を図る識者は居たのだ。[9]
日本での評価
日本では外山軍治衣川強が秦檜に対する研究のなかで秦檜を擁護している。
小説家の田中芳樹は「どうしても和平を利用して自分の地位を固めたとしか見えないところがある」「秦檜の和平策というのは、政策としてはまちがっていなかった(中略)ただし、政策以前に問題になるのが、無実の人間を謀反の汚名を着せて殺してもいいのか」と批判的な見解を示している[10]

脚註[編集]

  1. ^ 宋史』列伝第二百三十二 姦臣三によると、紹興23年(1153年)の科挙で秦塤は陸游と競い、その結果、陸游が首席となり、秦塤は次席となった。しかし秦檜は孫が有利になるために手をまわして、次の殿試で秦塤が首席で及第し、陸游が落第したと記されている。
  2. ^ 『程史』巻12。類似の話は朱熹の「少師保信軍節度使魏国公致仕贈太保張公行状」にも記されている(平田茂樹『宋代政治構造研究』汲古書院、2012年、P140-141)。
  3. ^ 学研 歴史群像2008年6月号P90〜「岳飛伝」
  4. ^ 全て朱子語類巻一三一。 日本語訳は衣川1973より。
  5. ^ ただし、朱熹の父親はかつて講和反対派として左遷され、本人も殿試合格者330番中278番に止まった(1148年の進士上位及第者はほとんどが講和支持派が占めていた)ことから、朱熹が秦檜およびその政策を良く思っていなかった可能性が高い(衣川強「官僚朱熹」『宋代官僚社会史研究』汲古書院、2006年、P196-200)。
  6. ^ 温州は秦檜が趙鼎政権下で左遷された1136年から1138年にかけて知事を務めており、その際に秦檜は温州の士大夫と関係を結び、政権復帰後には温州出身者を政権に登用し、岳飛の幕僚の1人であった温州出身の薛弼に対しても秦檜自らが擁護して罪を免れるなど、温州赴任時の恩義に報いた為、温州では秦檜に対して好意的な地域であった(岡元司『宋代沿海地域社会史研究』(汲古書院、2012年)P110-115・146)。
  7. ^ 『宋史』「秦檜伝」。日本語訳は衣川1973より。
  8. ^ 十駕斎養新録』巻八「「宋季恥議和」。
  9. ^ 二十二史箚記』巻二六「和議」。
  10. ^ 『中国武将列伝〈下〉』 (中公文庫) ISBN 978-4122035652

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 油条
  • 汪兆銘東条英機:秦檜同様に、中国の敵として死後に跪いた姿の銅像が作られた(汪兆銘のみ現在は撤去されている)。