紹興の和議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

紹興の和議(しょうこうのわぎ)は、南宋の間の対立を終結させた条約。

両国の国境線が定められ、南宋は淮河以北の旧領(かつての首都開封を含む)を放棄することとなった。条約は1141年に結ばれ、南宋は1164年まで毎年、銀25万両と絹25万疋を金に貢げることとなった。高宗岳飛を死罪に処し、韓世忠を免ずることを強いられた。つまりこの条約は、金の擬似的な朝貢国という立場へと、南宋を引き下げることとなった。