科学技術データ委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

科学技術データ委員会(かがくぎじゅつデータいいんかい、CODATA;Committee on Data for Science and Technology)は、国際科学会議(ICSU、旧名 国際学術連合)によって1966年に設立された学際的な科学委員会である。CODATAは、科学と技術に関するあらゆるデータについて、その質、信頼性、管理、検索性の向上を行っている。正式名称の科学技術データ委員会(Committee on Data for Science and Technology)よりは、CODATAと呼ばれることの方が多い。

基礎定数についてのCODATAタスクグループは1969年に設立された。その目的は、国際的な科学・技術のコミュニティに、国際的に認められた基礎物理定数および関連した変換係数の組を定期的に提供することである。CODATAによる最初の基礎物理定数表は1973年に発表された。その後の主な版は以下のようになっている[1]

当初は12-13年ごとに改訂されていたが、ウェブ時代では、それでは遅すぎるとして、1998年以降は4年ごとに改訂されることになった[2]

  1. 1973年版 1973年発表 [3]
  2. 1986年版 1994年10月 6日発表 ウェブバージョン 1.0
  3. 1998年版 1999年 7月 2日発表 ウェブバージョン 3.0
  4. 2002年版 2003年12月 9日発表 ウェブバージョン 4.0
  5. 2006年版 2007年 3月 7日発表 ウェブバージョン 5.0
  6. 2010年版 2011年 6月 2日発表 ウェブバージョン 6.0 最新版[4][5]

この最新版 6.0 は、「2010CODATA」と呼称される[1]。また、これに基づく物理定数は、「2010 CODATA recommended values」と呼称される[6]。日本語では、「2010年CODATA推奨値」と訳される[7]

CODATAの基礎物理定数の推奨値は、アメリカ国立標準技術研究所のNIST Reference on Constants, Units, and Uncertaintyで発表されている。

引用[編集]

  1. ^ a b Version history
  2. ^ [1] I. INTRODUCTION, A. Background, CODATA Recommended Values of the Fundamental Physical Constants:2010∗, March 15, 2012, p.2 による
  3. ^ Cohen, E. R., and B. N. Taylor, 1973, J. Phys. Chem. Ref.Data 2(4), 663.
  4. ^ Latest (2010) values of the constants
  5. ^ Fundamental Physical Constants
  6. ^ Constants bibliography
  7. ^ [2] 例えば、国際文書第 8 版 (2006) 国際単位系(SI)日本語版 訳・監修 (独)産業技術総合研究所 計量標準総合センター, p.38, 表 7 SI単位で表される数値が実験的に求められる非 SI 単位, 注(a) に「2002年CODATA推奨値」の訳語が見られる。