福藤豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
福藤 豊
生誕 1982年9月17日
北海道釧路市
ポジション ゴールキーパー
アジアリーグアイスホッケーチーム 日光アイスバックス
現役期間 2001-2004 SEIBUプリンス ラビッツ

2004-2005 AHLマンチェスター・モナークス
2005-2007 ロサンゼルス・キングス
2007-2008 ECHLのベーカーズフィールド・コンドルス
2008 SEIBUプリンス ラビッツ
2008-2010 ECHLベーカーズフィールド・コンドルス
2010- 日光アイスバックス
年 – 現在

福藤 豊(ふくふじ ゆたか、1982年9月17日 - )は北海道釧路市出身のアイスホッケー選手。ポジションはゴールキーパー。2010年から日本に復帰しアジアリーグアイスホッケー日光アイスバックスに加入した。日本人初のNHLプレイヤー。

来歴[編集]

小学3年でアイスホッケーを始め、釧路景雲中時代は全国優勝。東北高等学校に進み、U-18世界選手権・世界ジュニア選手権などに出場。3年時には高校生初の日本代表入り。

2001年コクド(現プリンスホテル/SEIBUプリンス ラビッツ)に入社。2002-03年ECHLのシンシナティ・サイクロンズでプレーし、2004年6月27日NHLロサンゼルス・キングスから日本人では三浦浩幸に次ぐ史上2人目のドラフト8巡全体238位で指名された(架空の日本人プレイヤー“ツジモト・タロウ”が1974年バッファロー・セイバーズに指名されたこともあった[1])。

2004年、キングス傘下のトップファームであるAHLマンチェスター・モナークスと1年契約を結ぶも(コクドは休業補償扱い)、2004年から2005年のNHLロックアウトによるNHL2004-2005シーズンの中止に伴い、NHLの選手がAHLでプレーするケースが増え、押し出される形でその下部のECHLベーカーズフィールド・コンドルスでのプレーを余儀なくされた。

2005年8月9日にロサンゼルス・キングスと2年契約を結び(キングスとAHLマンチェスターと2ウェイコントラクト契約)、日本人初のNHL契約選手となった。9月17日に左足内転筋を痛めオープン戦には出場できず、9月21日にマイナー行きを通告され、AHLマンチェスターに降格。さらに10月7日にはECHLレディング・ロイヤルズへの降格を通告され、結局2005-2006シーズンもECHLで開幕を迎えることとなった。その後、AHLマンチェスターへ昇格。同年11月26日、日本人初のAHL出場を果たした。

2006年12月15日、NHLに初昇格を果たし(キングズのGK負傷による特別ルールによる48時間の期限付き昇格)、日本人として初めてNHLのベンチ入りを果たした。期限切れ後AHLマンチェスターへ降格したが、2007年1月13日、NHLに再昇格し、同日のセントルイス・ブルース戦の第3ピリオドから初出場、名実ともに初の日本人NHLプレーヤーとなった。

キングスとの2年契約が終了後、2007年6月26日キングスは再契約をせずFAとなった。2007年9月、古巣でもあるECHLのベーカーズフィールド・コンドルスと契約。同時にAHLのマニトバ・ムースのトライアウトに合格し、トレーニングキャンプに参加。

2008年秋にSEIBUプリンスラビッツを正式退部。2008-2009シーズンはECHLベーカーズフィールド・コンドルスでプレー。

2009-2010シーズンはオランダリーグのデスティル・トラッパーズでプレー(1年契約)した。

2010-2011シーズンはアジアリーグアイスホッケー日光アイスバックスに加入、日本に復帰した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本製紙が開幕戦をかざる”. 日本経済新聞 (2010年9月18日). 2010年9月23日閲覧。

外部リンク[編集]