福山区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 山東省 福山区
北于家村にあるシャトー
北于家村にあるシャトー
簡体字 福山
繁体字 福山
拼音 Fúshān
カタカナ転記 フーシャン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
山東
地級市 煙台市
行政級別 市轄区
面積
総面積 482.83 km²
人口
総人口() 24.9 万人
経済
電話番号 0535
郵便番号 265500
行政区画代碼 370611
公式ウェブサイト http://www.ytfushan.gov.cn/

福山区(ふくざん-く)は中華人民共和国山東省煙台市にある市轄区山東半島東北部に位置する。東は大沽夹河を挟んで芝罘区莱山区に、東南は牟平区に、西南は栖霞市に、西北は蓬莱市に、北は煙台経済技術開発区にそれぞれ接する。483平方kmの範囲に25万人が住む。域内には清洋河(俗称・内河)と大沽河(俗称・外河)の2本の川が流れ、煙台市の水源である貯水湖・門楼ダムがある。

区内に位置する福山という山から区名がつけられた。福山区はかつて福山県とよばれ、歴史上は牟平県の一部となっていた時期が多かった。現在の煙台市の都心部はかつて福山県に属していたが、煙台が港湾都市として発達し拡大するごとに福山県の範囲は縮小し、県が廃止され福山区となってからも2002年に古現鎮と八角鎮が分離され煙台経済技術開発区となり、ついに海岸に接する部分を失った。

福山県は古くから桜桃の産地として知られるほか、リンゴピーナッツの産地でもある。そのほか福山県からは近代以降有名な料理人を輩出しており、豊かな農産物と海産物が山東料理(魯菜)の形成と発展に大きな役割を果たしてきたため山東料理の発祥の地のひとつとされている。

また後期の官僚で台湾行政や南京条約締結後のイギリスとの交渉にあたった鹿沢長の旧居などもある。甲骨文の発見者であり清末期の国子監祭酒に任じられていた王懿栄も福山県の人であった。

行政区画[編集]

  • 街道:清洋街道、福新街道、古現街道、大季家街道、八角街道、東庁街道、門楼街道、福莱山街道
  • :高疃鎮、張格荘鎮、回里鎮

外部リンク[編集]