相坂トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
相坂トンネル須加院側出入口

相坂トンネル(あいさかトンネル)は、兵庫県姫路市にある兵庫県道80号宍粟香寺線トンネル香寺町相坂から須加院へと抜けるに掘られたトンネルである。大正時代に作られた煉瓦作りの当時の趣のまま現在も利用されている。現在、トンネル南側に新しくバイパスを設ける計画がある[1]

歴史[編集]

かつて、香寺町相坂から須加院への道は険しい峠を越す山道であった。1919年(大正8年)に工事が開始され1921年(大正10年)に完成。煉瓦作りで全長約70m、高さ2.9m、道幅は2.45mである。車1台が通るのがやっとの幅であるが、現在も利用されている。

香呂駅西にあった煉瓦工場で作られた煉瓦を美しいアーチ構造のイギリス積みにして作られたトンネルは、往時の趣を今でも伝える優美なものである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2006/03/09 神戸新聞読者記事 山を貫いた村の悲願 相坂隧道 (過去の神戸新聞記事掲載)