直細動脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
尿細管の模式図

直細動脈(ちょくさいどうみゃく、Vasa recta)は、腎臓の皮質から髄質へまっすぐ伸びる血管である。直細動脈は傍髄質部ネフロン輸出細動脈から分枝し、ヘンレのループを囲んでいる。直血管ともいう。

組織学[編集]

スライド上では、血液の有無でヘンレのループと区別することができる[1]

機能[編集]

直細動脈は腎髄質でヘアピンカーブを描いており、血流はとても遅い。この二つの要素が、対向流交換系の維持に重要であり、そして腎髄質における濃度勾配を維持している[2]。この濃度勾配の維持は腎臓が尿を濃縮することができる理由の1つである。

病理学[編集]

直細動脈の遅い血流のため、ここは凝固性亢進血栓症鎌状赤血球症を発症しやすい場所となる。虚血の結果、腎乳頭壊死を併発することがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Boston University 15802loa
  2. ^ Physiology at MCG 7/7ch08/7ch08p07

関連項目[編集]