百地丹波

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

百地 丹波(ももち たんば、永正9年〈1512年〉 - 天正9年〈1581年?〉)は、戦国時代忍者伊賀流忍術の祖とされる。百地 三太夫(ももち さんだゆう)とも呼ばれるが、近年では両人は別人で、三太夫は丹波の孫ともいわれている。父は百地清右衛門。名は泰光とも正西ともあり曖昧。

経歴[編集]

名張中村の出身で、表面上は伊賀一帯を仕切る土豪だったが、裏では伊賀忍者の上忍で、伊賀忍者を統括する3人組の一人であったといわれている。天正年間には、伊賀一帯にその勢力を広げて、最盛期を築き上げた。

織田信長の次男織田信雄が天正7年(1579年)に伊賀攻めを始めた。信雄の拙い指揮もあって織田軍を撃退したが、この忍者の実力に脅威を覚えた信長は、天正9年(1581年)に信長自ら5万の大軍を率い侵攻を開始する。これに対して丹波は、柏原の砦に籠もって抵抗したが、衆寡敵せずに多くの一族と共に戦死した(天正伊賀の乱)。ただし、文禄4年(1595年)くらいまで存命していたという異説もある。なお、この乱の後、「ち」がに通じることを嫌って、一族は「ももち」の読みを「ももじ」に改めたとされ[1]、現在でも当地では「ももじ」と読まれている。

石川五右衛門は丹波の弟子という説があるが、五右衛門に妻を奪われたうえ、その妻にそそのかされた五右衛門によって愛妾を殺害されるなど、散々な関係にあったといわれている。

国際的にも知名度が高く、国際スパイ博物館においても、スパイの祖としての忍者の代表的存在として扱われている。

脚注[編集]

  1. ^ NHK歴史秘話ヒストリア』「謎の忍者軍団 知られざる“忍びの里”」2009年4月29日放映[出典無効]

関連項目[編集]