琉球民族独立総合研究学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
りゅうきゅうみんぞくどくりつそうごうけんきゅうがっかい
琉球民族独立総合研究学会
英語名称 The Association of Comprehensive Studies for Independence of the Lew Chewans
略称 ACSILs
設立 2013年5月15日
会長 共同代表松島泰勝友知政樹桃原一彦親川志奈子照屋みどり(2013年5月15日 - )
事務局 日本の旗 日本
〒901-2701
沖縄県宜野湾市宜野湾2-6-1
ウェブサイト http://www.acsils.org/
テンプレートを表示

琉球民族独立総合研究学会(りゅうきゅうみんぞくどくりつそうごうけんきゅうがっかい、: The Association of Comprehensive Studies for Independence of the Lew Chewans)は、琉球日本からの独立を目指し、松島泰勝龍谷大学教授)、友知政樹沖縄国際大学教授)、桃原一彦(沖縄国際大学准教授)、親川志奈子(オキスタ107共同代表)、照屋みどり(しまんちゅスクール)らが設立した学会組織である。本会の会員は、琉球の島々に「民族的ルーツ」を持つ「琉球民族」に限定するとしている。

概要[編集]

琉球民族」を『日米によって奴隷の境涯に追い込まれた』存在と見做し、琉球日本からの独立を目標とし、その方法の研究を推進することを目的に設立された組織である。[1] 毎年2回の学術会議を開き、国連脱植民化特別委員会にて同地を脱植民運動が進行中の地域として登録されることも目標としている[2]

活動[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 学会の概要
  2. ^ 「沖縄独立」ヤマトよ聞け 本土に不信、学会発足 きょう復帰41年

外部リンク[編集]