玉繭物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

玉繭物語』(たままゆものがたり)は、1998年12月3日元気より発売されたPlayStation用ソフト。「森のしもべ」と呼ばれるモンスターを捕まえて、融合させて強くするというゲーム。

ベスト版は長かったロード時間が改善されている。

2001年には外伝『玉繭物語外伝RPG』が携帯電話向けに配信され、続編『玉繭物語2 〜滅びの蟲〜』がPlayStation 2用ソフトとして発売された。

スタッフ[編集]

キャラクター[編集]

サイラス村の人々[編集]

レバント(変更可能)
:無し
「繭使い」の家系に生まれた物語の主人公の少年。母と2人で暮らしている。繭使いの父は、幼い頃に森に入ったまま行方知れず。後に『白虎』の異名で呼ばれる。
マーブ
声:高山みなみ
主人公の幼馴染みで許婚。ナギ人である彼女は、繭使いと共に生きることが定められている。
ガライ
声:京田尚子
マーブの育ての親にして聖魔術師。幼いマーブを連れて、サイラスに流れてきたはぐれナギ人の老婆。
ルーイ
声:田中真弓
サイラスの見張り小屋に、一人で住んでいる少年。両親は森の魔物に襲われ、彼が幼い頃死別している。
フィオ
声:田畑ゆり
主人公の母。かつては聖魔術師として、繭の浄化や合成を行った。夫を信じて、その帰りを待っている。
ケルマリオ
声:小野塚貴志
ルーイに兄貴として慕われている鍛冶屋の息子。親友である主人公に対して、敬意を表している。
ヤジャコ
声:秋元羊介
ケルマリオの父親で村の鍛冶屋。
アダ
声:定岡小百合
ケルマリオの母親で鍛冶屋のおかみさん。
グロッタ
声:納谷悟朗
サイラス村の長。
ジバラ
声:斉藤昌
祈祷師で、村の陰の実力者。
ポト
声:北村弘一
墓守であり村の語り部。

特別な人、森の人々[編集]

声:三國連太郎
ナギ族の伝説の予言者。人々を導き、繭使いを森の旅路へ誘う者。
コリス
声:大塚明夫
「青の繭使い」と呼ばれる繭使い。主人公の父親の親友。
密猟者
声:星野充昭
森で出会う怪人物で、主人公たちと何度か交戦した。
キキナク
声:納谷六朗
森に住む鳥人。元は聖霊と呼ばれる存在だったが、とある事の罰として今の姿にされた。後に主人公の親友になる。
ヤム
声:黒田弥生
クモの森のやんちゃ坊主。父母の血を受け継ぎ、物欲の権化ともいえる人物である。
ヤミー
声:黒田弥生
ヤム一家の末っ子。
カカヤム
声:田畑ゆり
ヤムとヤミーのお母さん。元は美しい精霊だったが、物欲に走って今の姿になった。
トトヤム
声:秋元羊介
蜘蛛の森にいるヤム一家の長。元々は知性の高い精霊だった。
リケッツ
レバントの父、本来サイラスの繭使いで『パレルの獅子』と呼ばれる。聖魔術により妻にかかる刻印に悩み、姿を消してしまう。

関連商品[編集]

外部リンク[編集]