熊田誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

熊田 誠(くまだ まこと、1920年1月17日 - 2007年6月28日)は日本の化学者京都大学名誉教授。専門は有機ケイ素化学有機金属化学有機合成化学など。福井県小浜市出身。

有機金属化学、特に有機ケイ素化学、遷移金属触媒反応の分野において先駆的な研究をしこの分野の発展に指導的役割を果たした。また多くの門下生を輩出した。

略歴[編集]

学歴[編集]

  • 1943年9月 京都帝国大学工学部工業化学科卒業

職歴[編集]

  • 1943年10月 東京芝浦電気株式会社入社
  • 1950年3月 大阪市立大学理工学部助手
  • 1951年4月 大阪市立大学理工学部講師
  • 1952年5月 大阪市立大学理工学部助教授
  • 1956年6月 大阪市立大学理工学部教授
  • 1962年7月 京都大学工学部合成化学科教授(有機金属化学講座)
  • 1983年4月 京都大学定年退官 名誉教授

学外における役職[編集]

業績[編集]

専門は有機ケイ素化学有機合成化学有機金属化学を中心とする有機化学

特に有機ケイ素化合物その他有機金属を用いる有機合成構造有機化学で先駆的研究成果を多数。現在、シリコーン接着剤化粧品などの原材料として幅広く使われる有機ケイ素化合物の新しい合成法や物性の研究開発を行った。1994年優れた業績を挙げたとして、恩賜賞日本学士院賞を受賞した。1972年には炭素同士の新しい結合生成反応「熊田・玉尾カップリング」を発見し、ニッケルパラジウムなどを触媒としたクロスカップリング反応開発の基礎を築いた。

特記すべき事[編集]

  • 講義の板書や講義資料を非常に几帳面な字で書く癖があった。
  • 小田良平京都大学名誉教授の門下生である。
  • ノーベル賞選考委員のヤン・ベックバル(ストックホルム大学教授)は、2010年ノーベル化学賞発表後のインタビューで、「(熊田教授が生きていたら、クロスカップリング開発の功績で)受賞はあり得た」と述べている。

門下生[編集]