浅見光彦シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

浅見光彦シリーズ』(あさみみつひこシリーズ)は、内田康夫推理小説を原作にし、その推理小説に登場するルポライターの浅見光彦を主人公に据えたドラマ・映画・漫画作品。

テレビドラマ[編集]

日本テレビ版
1987年から1990年に水谷豊主演で、日本テレビ系の「火曜サスペンス劇場」にて『浅見光彦ミステリー』(日本テレビ・近代映画協会製作)として8作品が放送された。
TBS版
1994年からTBS系の月曜21時の2時間ドラマ枠(「月曜ドラマスペシャル」〈1989年 - 2001年 〉、「月曜ミステリー劇場」〈2001年 - 2006年 〉、「月曜ゴールデン」〈2006年 - 〉)にて『内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ』(TBS・テレパック製作)として放送されている。
  • 辰巳琢郎主演作品は、第1作から第13作までの13作品(1994年 - 2000年)。
  • 沢村一樹主演作品は、第14作から第31作までの18作品(2000年 - 2012年)。
  • 速水もこみち主演作品は、第32作から(2013年 - )。
沢村一樹のシリーズについては2009年に「水曜劇場」枠で『浅見光彦〜最終章〜』の番組名で連続ドラマ化された。
フジテレビ版
1995年からフジテレビ系の金曜21時の2時間ドラマ枠(「金曜エンタテイメント」〈1993年 - 2006年 〉、「金曜プレステージ」〈2006年 - 〉にて『内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ』(フジテレビ・彩の会製作)として放送されている。
  • 榎木孝明主演作品は、第1作から第14作までの14作品(1995年 - 2002年)。
  • 中村俊介主演作品は、第15作から(2003年 - )。
単発作品
1982年にTBS系の「ザ・サスペンス」にて国広富之主演で『後鳥羽伝説殺人事件』(TBS・大映テレビ版)が放送された。
1986年にテレビ朝日系の「土曜ワイド劇場」にて、篠田三郎主演で『小樽殺人事件』が放送された。
2002年に日本テレビ系で火曜サスペンス劇場20周年特別企画として、高嶋政伸主演で『貴賓室の怪人』が放送された。

日本テレビ版[編集]


浅見光彦ミステリー』は、1987年から1990年に日本テレビ系の2時間ドラマ火曜サスペンス劇場」(毎週火曜日21:02 - 22:54)で、水谷豊主演で放送されたシリーズ。全8回。

TBS版[編集]


内田康夫サスペンス
浅見光彦シリーズ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 月曜日21:00 - 22:54(114分)
放送期間 1994年4月25日 -(33回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 村上牧人(第33作)
原作 内田康夫
脚本 石原武龍(第33作)
プロデューサー 矢口久雄
出演者 浅見光彦 役
辰巳琢郎(第1作 - 第13作)
沢村一樹(第14作 - 第31作)
速水もこみち(第32作 - )
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
外部リンク 月曜ゴールデン
テンプレートを表示

内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ』は、TBS系の2時間ドラマ月曜ゴールデン」(毎週月曜日21:00 - 22:54)で、1994年から放送されているシリーズ。歴代の主演は辰巳琢郎(第1作 - 第13作)、沢村一樹(第14作 - 第31作)、速水もこみち(第32作 - )。

放送枠は「月曜ドラマスペシャル」(1989年 - 2001年)、「月曜ミステリー劇場」(2001年 - 2006年)、「月曜ゴールデン」(2006年 - )。

このうち沢村一樹版は2009年10月21日から12月16日まで「水曜劇場」枠で『浅見光彦〜最終章〜』と題して連続ドラマ化され放送され、この『浅見光彦〜最終章〜』で光彦以外の浅見家の出演者が変更され、この作品放送後に制作された2時間ドラマ版の第29作以降も光彦以外の浅見家の出演者も変更されている。なお、沢村一樹は「浅見光彦シリーズ31箸墓幻想」の番組宣伝のために2012年9月3日に『はなまるマーケット』に出演した際には、沢村版の初回となる「浅見光彦シリーズ14」の一部が放送されたほか、過去に自らが浅見役以外で出演したこと(「浅見光彦シリーズ11蜃気楼」)も紹介された。

後述の「フジテレビ版」では、中村俊介榎木孝明による「現在の光彦と過去の光彦の共演」が実現しているが、TBS版でも沢村版「漂泊の楽人」と速水版「天河伝説殺人事件」でこの組み合わせが実現している。「漂泊」では、1982年放送の『後鳥羽伝説殺人事件』で光彦を演じた国広富之が刑事役で沢村と共演しており、「天河」では、1986年に『小樽殺人事件』(テレビ朝日・「土曜ワイド劇場」)で光彦を演じた篠田三郎が速水と共演している。

キャスト(TBS版)[編集]

浅見 光彦(ルポライター)
演 - 辰巳琢郎(第1作 - 第13作) ⇒ 沢村一樹(第14作 - 第31作) ⇒ 速水もこみち(第32作 - )[1]
浅見 陽一郎(光彦の兄・警察庁刑事局局長)
演 - 村井国夫(第1作 - 第28作) ⇒ 風間杜夫(第29作 - )
浅見 和子(陽一郎の妻)
演 - 山本郁子(第1作 - 第28作) ⇒ 鳥居かほり(第29作 - )
吉田 須美子(浅見家のお手伝い)
演 - 井上彩名(第1作 - 第14作) ⇒ 八木田麻衣(第15作 - 第17作) ⇒ 武重裕子(第18作 - 第23作) ⇒ 白石マミ(第24作 - 第26作) ⇒ 梶原麻莉子(第27作、第28作) ⇒ 田村愛(第29作 - )
浅見 雪江(光彦の母)
演 - 加藤治子(第1作 - 第28作) ⇒ 佐久間良子(第29作 - )

辰巳琢郎版[編集]

ゲスト[編集]

主要人物は#キャスト(TBS版)を参照。

第1作(1994年) 「高千穂伝説殺人事件」
第2作(1994年) 「天城峠殺人事件」
第3作(1995年) 「隅田川殺人事件」
第4作(1995年) 「佐渡伝説殺人事件」
第5作(1995年) 「城崎殺人事件」
第6作(1996年) 「小樽殺人事件」
第7作(1996年) 「風葬の城」
第8作(1997年) 「鳥取雛送り殺人事件」
第9作(1997年) 「天河伝説殺人事件」
第10作(1998年) 「隠岐伝説殺人事件」
第11作(1998年) 「蜃気楼」
第12作(1999年) 「札幌殺人事件」
第13作(2000年) 「「須磨明石」殺人事件」
放送日程[編集]
話数 放送回 放送日 サブタイトル 原作 ヒロイン 脚本 演出 視聴率
1 第1作 1994年04月25日 高千穂伝説殺人事件 『高千穂伝説殺人事件』 高木美保 石原武龍 脇田時三
2 第2作 11月07日 天城峠殺人事件 『天城峠殺人事件』 藤田朋子 佐々木章光
3 第3作 1995年04月24日 隅田川殺人事件 『隅田川殺人事件』
(徳間文庫刊)
床嶋佳子
4 第4作 7月31日 佐渡伝説殺人事件 『佐渡伝説殺人事件』
(角川文庫刊)
若林志穂
佳那晃子
小木曽豊斗
5 第5作 10月30日 城崎殺人事件 『城崎殺人事件』 五十嵐いづみ 石原武龍 脇田時三
6 第6作 1996年04月01日 小樽殺人事件 小樽殺人事件 藤谷美紀
高橋惠子
佐々木章光
7 第7作 9月30日 風葬の城 『風葬の城』
(講談社刊)
有森也実 いとう斗士八 脇田時三
8 第8作 1997年03月10日 鳥取雛送り殺人事件 『鳥取雛送り殺人事件』
(徳間書店刊)
中村あずさ 石原武龍 藤尾隆 17.7%
9 第9作 10月06日 天河伝説殺人事件 天河伝説殺人事件
(角川書店刊)
細川直美 脇田時三 18.2%
10 第10作 1998年03月23日 隠岐伝説殺人事件 『隠岐伝説殺人事件』
(角川書店刊)
中山忍 16.3%
11 第11作 10月26日 蜃気楼 『蜃気楼』
(講談社刊)
小田茜 山内宗信 16.6%
12 第12作 1999年09月20日 札幌殺人事件 『札幌殺人事件』
(光文社刊)
鮎ゆうき 脇田時三 18.7%
13 第13作 2000年03月27日 「須磨明石」殺人事件 『「須磨明石」殺人事件』
(徳間書店刊)
馬渕英里何 佐々木章光 20.5%

※視聴率はビデオリサーチ社調べによる関東地区のもの

沢村一樹版[編集]

ゲスト[編集]

主要人物は#キャスト(TBS版)を参照。

第14作(2000年) 「後鳥羽伝説殺人事件」
第15作(2001年) 「志摩半島殺人事件」
第16作(2001年) 「坊っちゃん殺人事件」
第17作(2002年) 「鬼首殺人事件」
  • 松島珠里(うどん屋店員) - 原沙知絵
  • 山根健夫(刑事) - 村田雄浩
  • 広田毅一(東京で画廊を経営) - 高橋昌也
  • 高橋(雄勝町観光課) - 大高洋夫
  • 永倉(雄勝警察署課長) - きたろう
第18作(2004年) 「華の下にて」
第19作(2004年) 「長崎殺人事件」
第20作(2005年) 「崇徳伝説殺人事件」
第21作(2005年) 「平家伝説殺人事件」
第22作(2006年) 「佐用姫伝説殺人事件」
  • 成沢久子(陶芸家) - 床嶋佳子
  • 広山忠緒 - 梨本謙次郎
  • 村田さと子 - 黒坂真美
  • 景山秀太郎(京都の大学教授・美術評論家) - 黒部進
  • 草間完治(陶芸家) - 朝倉伸二
  • 安田(刑事) - 金田明夫
  • 大島(警部) - モト冬樹
  • 村田 - 松山政路
  • トキ - 正司歌江
  • 佐橋登陽(有田焼の陶芸家) - 平幹二朗
第23作(2007年) 「藍色回廊殺人事件」
第24作(2007年) 「漂泊の楽人」
第25作(2008年) 「姫島殺人事件」
  • 中瀬古朝子 - 浅見れいな
  • 中瀬古大志(元競輪選手) - 小野武彦
  • 中瀬古芳江(大志の妻) - 岩本多代
  • 才賀雄三(刑事) - 鶴田忍
  • 杉岡(大分県警警視) - 清水圭
  • 属直樹(造船所社長・婿養子) - 堀内正美
  • 浦本智文(東京のカメラマン) - 宮川一朗太
  • 浦本加奈(浦本の娘) - 瓜生美咲
  • 中島康博(姫島の駐在) - 山口翔悟
  • 中島麻衣子(康博の妻) - 森脇英理子
  • 須藤隆(代議士秘書) - 清水紘治
  • 笠原政幸 - 西田健
  • 属優貴雄(蔵吉の息子) - 俊藤光利
  • 属美代(蔵吉の妻) - 大森暁美
  • 属蔵吉(属家の主) - 織本順吉
第26作(2008年) 「津和野殺人事件」
第27作(2009年) 「斎王の葬列」
第28作(2009年) 「高千穂伝説殺人事件〜歌わない笛〜」
  • 本沢千恵子(天才バイオリニスト) - 戸田菜穂
  • 本沢誠一(千恵子の父) - 竜雷太
  • 笹倉克子 - 藤田朋子
  • 長田幹夫 - 鈴木一真
  • 安在晃一(刑事) - 渡辺いっけい
  • 富沢(刑事課長) - 酒井敏也
  • 夏井康子(鹿児島音大で臨時講師) - 小野真弓
  • 戸川健介 - 少路勇介
  • 田坂栄男 - 飯田基祐
  • 三原智之(千恵子の先輩) - 神保悟志
  • 笹倉正直(県会議員) - 勝部演之
  • 伊東三郎(現国土起業会長) - 品川徹
  • 室口雄吾(西日本総合開発社長) - 寺田農
  • 市川要一(郷土史家) - 神山繁
第29作(2011年) 「菊池伝説殺人事件」
第30作(2011年) 「化生の海」
第31作(2012年) 「箸墓幻想」
放送日程[編集]
話数 放送回 放送日 サブタイトル 原作 ヒロイン 脚本 演出 視聴率
1 第14作 2000年09月04日 後鳥羽伝説殺人事件 『後鳥羽伝説殺人事件』
(角川書店刊)
石原武龍 脇田時三 19.6%
2 第15作 2001年03月19日 志摩半島殺人事件 『志摩半島殺人事件』
(祥伝社ノンポシェット刊)
宮本真希 山内宗信 13.9%
3 第16作 9月24日 坊っちゃん殺人事件 『坊っちゃん殺人事件』
(中央公論社刊)
戸田菜穂 佐々木章光 16.2%
4 第17作 2002年09月23日 鬼首殺人事件 『鬼首殺人事件』
(光文社文庫刊)
原沙知絵 前川洋一 藤尾隆 14.7%
5 第18作 2004年01月05日 華の下にて 『華の下にて』
(幻冬舎文庫)
橋塚慎一 佐々木章光 15.8%
6 第19作 4月12日 長崎殺人事件 『長崎殺人事件』
(角川文庫)
宝生舞 石原武龍
橋塚慎一
山内宗信 14.9%
7 第20作 2005年03月14日 崇徳伝説殺人事件 『崇徳伝説殺人事件』
(ハルキ文庫)
真中瞳 佐々木章光 17.5%
8 第21作 12月26日 平家伝説殺人事件 『平家伝説殺人事件』
(角川文庫)
黒川智花 石原武龍 14.9%
9 第22作 2006年09月25日 佐用姫伝説殺人事件 『佐用姫伝説殺人事件』
(中公文庫)
床嶋佳子 山内宗信 14.8%
10 第23作 2007年03月26日 藍色回廊殺人事件 『藍色回廊殺人事件』
(光文社文庫)
遠野凪子 石原武龍
小澤俊介
佐々木章光 13.3%
11 第24作 10月15日 漂泊の楽人 漂泊の楽人
(中公文庫)
星野真里 山内宗信 16.9%
12 第25作 2008年04月07日 姫島殺人事件 『姫島殺人事件』
(新潮社文庫)
浅見れいな 石原武龍 16.0%
13 第26作 9月29日 津和野殺人事件 『津和野殺人事件』
(徳間文庫)
加藤夏希 石原武龍
小澤俊介
村上牧人 16.8%
14 第27作 2009年09月07日 斎王の葬列 『斎王の葬列』 酒井美紀 石原武龍 13.6%
15 第28作 10月05日 高千穂伝説殺人事件
〜歌わない笛〜
『高千穂伝説殺人事件』
『歌わない笛』
(いずれも光文社文庫)
戸田菜穂 石原武龍
早野円
山内宗信 12.8%
16 第29作 2011年02月07日 菊池伝説殺人事件 『菊池伝説殺人事件』 黒谷友香 石原武龍 村上牧人 15.2%
17 第30作 9月19日 化生の海 『化生の海』 石橋杏奈 14.0%
18 第31作 2012年09月03日 箸墓幻想 『箸墓幻想』
(角川文庫)
清水由紀 13.1%

※視聴率はビデオリサーチ社調べによる関東地区のもの

速水もこみち版[編集]

ゲスト[編集]

主要人物は#キャスト(TBS版)を参照。

第32作(2013年) 「天河伝説殺人事件」
第33作(2013年) 「蜃気楼」
放送作品[編集]
話数 放送回 放送日 サブタイトル 原作 ヒロイン 脚本 演出 視聴率
1 第32作 2013年02月25日 天河伝説殺人事件 天河伝説殺人事件
(角川書店刊)
黒川智花 林誠人 村上牧人 13.9%
2 第33作 9月16日 蜃気楼 『蜃気楼』
(新潮社版)
渋谷飛鳥 石原武龍 11.1%

※視聴率はビデオリサーチ社調べによる関東地区のもの

スタッフ(TBS版)[編集]

フジテレビ版[編集]


内田康夫サスペンス
浅見光彦シリーズ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 金曜日21:00 - 22:52(112分)
放送期間 1995年12月8日 -(48回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 彩の会(制作、1981年設立、2013年9月18日付けで東京地方裁判所により破綻手続きの開始を受け倒産)
東映(制作)
フジテレビ(制作著作)
企画 成河弘明(フジテレビ)
演出 金佑彦(第48作 - )
原作 内田康夫
脚本 峯尾基三(第48作 - )
プロデューサー 小林俊一(彩の会)
大下晴義(彩の会)
金丸哲也(東映)
出演者 浅見光彦 役
榎木孝明(第1作 - 第14作)
中村俊介(第15作 - )
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
エンディング 金曜プレステージ』と同じ
外部リンク 金曜プレステージ
テンプレートを表示

内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ』は、フジテレビ系の2時間ドラマ金曜プレステージ」(毎週金曜日21:00 - 22:52)で、1995年から放送されているシリーズ。歴代の主演は榎木孝明(第1作 - 第14作)、中村俊介(第15作 - )。

放送枠は「金曜エンタテイメント」(1993年 - 2006年)、「金曜プレステージ」(2006年 - )。

キャスト(フジテレビ版)[編集]

浅見 光彦(ルポライター)
演 - 榎木孝明(第1作 - 第14作) ⇒ 中村俊介(第15作 - )
榎木孝明は、最後の光彦役となった第14作「黄金の石橋」で、榎木本人をモデルにした俳優・絵樹卓夫役との二役で出演している。
浅見 陽一郎(光彦の兄・警察庁刑事局長)
演 - 西岡徳馬(第1作 - 第14作) ⇒ 榎木孝明(第17作 - )
浅見 和子(陽一郎の妻)
演 - 五十嵐めぐみ(第32作)
吉田 須美子(浅見家のお手伝い)
演 - 西尾まり(第1作 - 第3作) ⇒ 藤田瞳子(第15作 - )
藤田 克夫(雑誌「旅と歴史」編集長)
演 - 小倉久寛(第15作、第16作、第21作、第23作 - 第25作、第28作 - 第31作、第38作、第39作、第42作、第44作、第46作、第50作)
内田 康夫(作家)
演 - 内田康夫(第14作) ⇒ 伊東四朗(第29作、第30作、第50作)
浅見 雪江(光彦の母)
演 - 野際陽子

榎木孝明版[編集]

ゲスト[編集]

主要人物は#キャスト(フジテレビ版)を参照。

第1作(1995年) 「伊香保殺人事件」
第2作(1996年) 「横浜殺人事件」
第3作(1996年) 「唐津佐用姫伝説殺人事件」
第4作(1997年) 「津和野殺人事件」
第5作(1997年) 「別府・姫島殺人事件」
第6作(1998年) 「漂泊の楽人〜越後・沼津殺人事件〜」
第7作(1998年) 「恐山殺人事件」
第8作(1999年) 「平家伝説殺人事件」
第9作(1999年) 「斎王の葬列」
第10作(2000年) 「イーハトーブの幽霊」
第11作(2001年) 「皇女の霊柩」
第12作(2001年) 「三州吉良殺人事件」
第13作(2001年) 「津軽殺人事件」
第14作(2002年) 「黄金の石橋」
放送日程[編集]
話数 放送回 放送日 サブタイトル 原作 ヒロイン 脚本 演出 視聴率
1 第1作 1995年12月08日 伊香保殺人事件 『伊香保殺人事件』 鮎ゆうき 大久保昌一良 小林俊一 15.3%
2 第2作 1996年05月17日 横浜殺人事件 『横浜殺人事件』 国生さゆり 14.0%
3 第3作 11月22日 唐津佐用姫伝説殺人事件 『佐用姫伝説殺人事件』 南野陽子 小平裕 17.3%
4 第4作 1997年07月25日 津和野殺人事件 『津和野殺人事件』 森口瑶子 小林俊一 14.9%
5 第5作 12月19日 別府・姫島殺人事件 『姫島殺人事件』 小林恵 小平裕 17.8%
6 第6作 1998年07月17日 漂泊の楽人
〜越後・沼津殺人事件〜
漂泊の楽人 藤谷美紀 舛田明廣 18.9%
7 第7作 11月20日 恐山殺人事件 『恐山殺人事件』 大路恵美 小平裕 21.8%
8 第8作 1999年07月02日 平家伝説殺人事件 『平家伝説殺人事件』 森下涼子 小林俊一 15.2%
9 第9作 10月08日 斎王の葬列 『斎王の葬列』 高橋かおり 小平裕 17.6%
10 第10作 2000年10月27日 イーハトーブの幽霊 イーハトーブの幽霊 平山綾 小林俊一 17.3%
11 第11作 2001年03月30日 皇女の霊柩 『皇女の霊柩』 遠野凪子 小平裕 19.7%
12 第12作 7月06日 三州吉良殺人事件 『三州吉良殺人事件』 中山忍 関根俊夫
吉川直宏
小林俊一 19.5%
13 第13作 11月30日 津軽殺人事件 『津軽殺人事件』 石原万理絵 大久保昌一良 小平裕 15.8%
14 第14作 2002年04月12日 黄金の石橋 『黄金の石橋』 安達祐実 関根俊夫
吉川直宏
小林俊一 18.3%

※視聴率はビデオリサーチ社調べによる関東地区のもの

中村俊介版[編集]

ゲスト[編集]

主要人物は#キャスト(フジテレビ版)を参照。

第15作(2003年) 「金沢殺人事件」
第16作(2003年) 「日蓮伝説殺人事件」
  • 伊藤木綿子(「ユーキ」の宝石鑑定士) - 菊池麻衣子
  • 井上英治(毎朝新聞記者) - 深水三章
  • 白木美奈子(「ユーキ」の専属デザイナー) - 中村綾
  • 塩野満(宝石鑑定士) - ひかる一平
  • 宮岡隆一(衆議院議員) - 石山雄大
  • 金子勝義(デザイン室長) - 掛田誠
  • 伊藤信博(木綿子の父) - 浅沼晋平
  • 笠森政三 - 長谷川哲夫
  • 結城綾乃 - 南田洋子
第17作(2003年) 「秋田殺人事件」
第18作(2004年) 「しまなみ幻想-愛媛・今治殺人事件-」
  • 村上咲枝(香代子の教え子) - 大塚ちひろ
  • 村上美和(香代子の音大の親友) - 芦川よしみ
  • 伴正之助(村上家の用心棒) - 野村将希
  • 村上康彦(咲枝の父) - 五代高之
  • 村上勘太郎(村上水産会長) - 小泉博
  • 陣在実(刑事) - 六平直政
第19作(2004年) 「ユタが愛した探偵」
第20作(2005年) 「化生の海-北前船殺人事件-」
第21作(2005年) 「熊本・菊池伝説殺人事件」
第22作(2006年) 「「首の女」殺人事件」
  • 野沢光子(浅見光彦と幼馴染・ピアノ講師) - 紫吹淳
  • 真杉伸子(光子の姉) - 姿晴香
  • 宮田治夫(伸子の同級生) - 冨家規政
  • 柴山亮吾(大沢の義理の弟・啓徳大学文学部助教授) - 新藤栄作
  • 真杉民秋(啓徳大学助教授) - 中谷彰宏
  • 橋田(刑事) - 菅原大吉
  • 秋本(刑事) - 水野純一
第23作(2006年) 「日光殺人事件」
第24作(2006年) 「鯨の哭く海」
第25作(2007年) 「箸墓幻想」
第26作(2007年) 「「紅藍の女」殺人事件」
  • 三郷夕鶴(次女・ピアニスト) - 大河内奈々子
  • 三郷輝子(夕鶴の母) - 江波杏子
  • 甲戸麻矢(夕鶴の親友) - 仲代奈緒
  • 東木貴夫(「叡天堂」社員) - 竹本孝之
  • 飯塚 - 志村東吾
  • 永岡信也 - 水野純一
  • 甲戸天洞(古美術商「叡天堂」社長) - 山崎海童
  • 三郷伴太郎(夕鶴の父) - 峰岸徹
第27作(2007年) 「竹人形殺人事件」
第28作(2008年) 「耳なし芳一からの手紙」
第29作(2008年) 「熊野古道殺人事件」
第30作(2008年) 「天河伝説殺人事件」
第31作(2008年) 「喪われた道」
第32作(2008年) 「箱庭」
  • 岡村里香(バレエのインストラクター) - 田丸麻紀
  • 三橋静江(和子の中学の親友) - 芦川よしみ
  • 大貫泰三(山口県代議士) - 長谷川哲夫
  • 瀬川(警部) - 大門正明
  • 依田(部長刑事) - 志村東吾
  • 峰沢総一郎(大貫の秘書) - 井田國彦
  • 小山田誠吾 - 掛田誠
  • 女将 - 棟里佳
  • 岡村三枝子(ホテル客室係) - 風祭ゆき
  • 峰沢由紀夫(岩国観光協会理事長) - 西田健
第33作(2009年) 「後鳥羽伝説殺人事件」
第34作(2009年) 「美濃路殺人事件」
第35作(2009年) 「歌枕殺人事件」
  • 朝倉理絵 - 野波麻帆
  • 浜田弘 - 川崎麻世
  • 千田(刑事) - 中西良太
  • 秋山(助手) - 吉満涼太
  • 奈美(光彦のいとこ・理絵の友人) - 和泉妃夏
  • 野森恒子(中学校教師) - 村井麻友美
  • 朝倉宏明(義昭の弟・理絵の叔父) - 小野了
  • 横山(課長) - 出光元
  • 野森芳江 - 上岡紘子
  • 窪村孝義(東北文化大学文学部教授) - 津嘉山正種
第36作(2010年) 「鐘」
第37作(2010年) 「長崎殺人事件」
第38作(2010年) 「〜十三の冥府〜」
  • 神尾容子(青森中央大生) - 西原亜希
  • 神尾和子(八戸シーガルビューホテル女将) - 烏丸せつこ
  • 伊藤由衣(八荒神社の元巫女) - 黒田福美
  • 北口喜明(助手) - 斉藤陽一郎
  • 東谷正子(シジミ漁師・八荒神社の元巫女) - 李麗仙
  • 浅子健一(主任) - 渡辺哲
  • 湊博之(八荒神社宮司) - 森次晃嗣
  • 池田睦子(禰宜) - 久世星佳
  • 本間(教授) - 西田健
  • 吉北祐太郎(五戸警察署警部) - 菅原大吉
第39作(2011年) 「〜遺骨〜」
  • 森恵子 - 原史奈
  • 森喜美恵 - 朝加真由美
  • 龍満智仁(営業課長) - 江藤潤
  • 龍満麻里 - 棟里佳
  • 小松(常隆寺住職) - 逢坂じゅん
  • 加賀裕史郎(医師協会の前会長) - 中山仁
第40作(2011年) 「棄霊島」
  • 篠原雅子(平戸の聖洛高校教師) - 南野陽子
  • 篠原一吉(雅子の父・漁師) - 勝野洋(若年期:蟹江一平
  • 篠原紀子(雅子の母) - 宮崎美子
  • 宇津野ゆかり(ピアニスト) - 星野真里
  • 畠山(後口) 浩美(後口の娘) - 小林綾子
  • 畠山裕生(浩美の夫) - みやざこ夏穂
  • 後口能成(長崎県警を6年前に退官した元刑事) - 左とん平
  • 小幡(刑事) - 柳沢慎吾
  • 坂本(刑事) - 池田貴宏
  • 大木(浜松署刑事) - 石塚義之
  • 阿波秋人(宮司) - 菊池隆志
  • 阿波光昭(秋人の息子、宮司) - 青山勝
  • 岡村さくら(光昭の娘) - 比企理恵
  • 岡村洋平(さくらの夫) - 湯江健幸
  • 時田(署長) - 西田健
  • 羽田野政信(元海上自衛隊) - 大出俊
  • 小竹茂(元防衛庁長官・筆頭秘書官) - 山田吾一
  • 市川武司(県警警視) - 鶴見辰吾
  • 岡田二三代 - 水野久美
  • 岡田和彦 - 神山繁
  • 岡田忠雄 - 大石吾朗
  • 岡田綾子 - 山口いづみ
  • 多田則明(桧山の秘書) - 五代高之
  • 多田友子 - 多岐川裕美
  • 桧山泰造 - 大滝秀治
第41作(2011年) 「佐渡伝説殺人事件」
第42作(2011年) 「悪魔の種子」
第43作(2012年) 「還らざる道」
第44作(2012年) 「砂冥宮」
第45作(2012年) 「志摩半島殺人事件」
第46作(2013年) 「はちまん」
  • 小内美由紀(女性カメラマン) - 黒谷友香
  • 松浦勇樹(高知県教育政策課長) - 渡辺大
  • 飯島昭三 - 山谷初男
  • 小山香代子 - 草村礼子
  • 河治良幸(信中建設会長) - 浜田晃
  • 松本(刑事) - 中西良太
  • 吉永孝雄(高知県若宮八幡宮宮司) - 米倉斉加年
  • 金久保章(代議士) - 西沢利明
  • 高塚健司 - 山本學
第47作(2013年) 「平城山を越えた女」
第48作(2013年) 「幻香」
第49作(2014年) 「不等辺三角形」
  • 正岡美誉(佑直の娘) - 野村佑香
  • 井上邦香(娘) - 平田薫
  • 井上孝夫(箪笥職人) - 江藤潤
  • 野崎(愛知県警中川警察署警部) - 峰竜太
  • 松浦(愛知県警中川警察署巡査部長) - 竹尾一真
  • 柏倉哲(陽奇荘の管理人) - 岡本富士太
  • 近田守右 - 山崎満
  • 正岡佑直(正塚百貨店十六代当主) - 佐戸井けん太
  • 河村忠治(佑直の秘書) - 金田賢一
  • 正岡錦恵(美誉の祖母) - 長山藍子
  • 正岡雅子(錦恵の母) - 池田道枝
第50作(2014年) 「貴賓室の怪人」
放送日程[編集]
話数 放送回 放送日 サブタイトル 原作 ヒロイン 脚本 演出 視聴率
1 第15作 2003年02月28日 金沢殺人事件 『金沢殺人事件』 後藤理沙 峯尾基三 小平裕 19.7%
2 第16作 5月16日 日蓮伝説殺人事件 『日蓮伝説殺人事件』 菊池麻衣子 小林俊一 16.7%
3 第17作 8月22日 秋田殺人事件 『秋田殺人事件』 秋本奈緒美 小平裕 18.7%
4 第18作 2004年03月19日 しまなみ幻想
-愛媛・今治殺人事件-
『しまなみ幻想』 大塚ちひろ 小林俊一
林憲昭
17.3%
5 第19作 4月09日 ユタが愛した探偵 『ユタが愛した探偵』 知念里奈 小平裕 15.6%
6 第20作 2005年01月14日 化生の海
-北前船殺人事件-
『化生の海』 藤谷美紀 小林俊一 15.9%
7 第21作 4月01日 熊本・菊池伝説殺人事件 『菊池伝説殺人事件』 中山エミリ 金佑彦 14.9%
8 第22作 2006年02月24日 「首の女」殺人事件 『「首の女」殺人事件』 紫吹淳 吉川直宏 林憲昭 15.0%
9 第23作 4月07日 日光殺人事件 『日光殺人事件』 原沙知絵 峯尾基三 金佑彦 16.1%
10 第24作 10月13日 鯨の哭く海 『鯨の哭く海』 小沢真珠 小林俊一 15.4%
11 第25作 2007年02月02日 箸墓幻想 『箸墓幻想』 前田愛 金佑彦 15.2%
12 第26作 3月30日 「紅藍の女」殺人事件 『「紅藍の女」殺人事件』 大河内奈々子 林憲昭 14.9%
13 第27作 10月26日 竹人形殺人事件 『竹人形殺人事件』 遊井亮子 金佑彦 15.3%
14 第28作 2008年01月11日 耳なし芳一からの手紙 『耳なし芳一からの手紙』 松本莉緒 16.1%
15 第29作 1月18日 熊野古道殺人事件 『熊野古道殺人事件』 とよた真帆 12.6%
16 第30作 1月25日 天河伝説殺人事件 天河伝説殺人事件 田中美里 13.8%
17 第31作 5月02日 喪われた道 『喪われた道』 宮地真緒 小林俊一 13.4%
18 第32作 9月19日 箱庭 『箱庭』 田丸麻紀 林憲昭 14.4%
19 第33作 2009年04月10日 後鳥羽伝説殺人事件 後鳥羽伝説殺人事件 金佑彦 12.7%
20 第34作 6月12日 美濃路殺人事件 『美濃路殺人事件』 馬渕英俚可 小林俊一 16.2%
21 第35作 10月02日 歌枕殺人事件 『歌枕殺人事件』 野波麻帆 峯尾基三 林憲昭 13.7%
22 第36作 2010年01月08日 『鐘』 高野志穂 金佑彦 12.5%
23 第37作 4月30日 長崎殺人事件 『長崎殺人事件』 前田亜季 林憲昭 13.1%
24 第38作 9月24日 〜十三の冥府〜 『十三の冥府』 西原亜希 金佑彦 13.0%
25 第39作 2011年01月14日 〜遺骨〜 『遺骨』 原史奈 小林俊一 14.0%
26 第40作 5月06日 棄霊島 『棄霊島』 南野陽子 金佑彦 14.4%
5月07日 13.3%
27 第41作 9月16日 佐渡伝説殺人事件 『佐渡伝説殺人事件』 原幹恵 小林俊一
林憲昭
12.8%
28 第42作 11月18日 悪魔の種子 『悪魔の種子』 遠藤久美子 金佑彦 16.2%
29 第43作 2012年01月27日 還らざる道 『還らざる道』 浅見れいな 林憲昭 13.8%
30 第44作 4月27日 砂冥宮 『砂冥宮』 三倉茉奈 金佑彦 12.5%
31 第45作 7月20日 志摩半島殺人事件 『志摩半島殺人事件』 黒川智花 小林俊一 13.1%
32 第46作 2013年01月11日 はちまん 『はちまん』 黒谷友香 金佑彦 09.9%
33 第47作 5月10日 平城山を越えた女 『平城山を越えた女』 遊井亮子 林憲昭 11.2%
34 第48作 9月06日 幻香 『幻香』 原田夏希 金佑彦 12.5%
35 第49作 2014年01月17日 不等辺三角形 『不等辺三角形』 野村佑香 柿沼竹生 10.8%
36 第50作 4月04日 貴賓室の怪人 貴賓室の怪人 藤澤恵麻 金佑彦 10.9%

※視聴率はビデオリサーチ社調べによる関東地区のもの

スタッフ(フジテレビ版)[編集]

過去のスタッフ(フジテレビ版)[編集]

映画[編集]

『天河伝説殺人事件』
市川崑監督、榎木孝明主演の映画。1991年3月16日公開。東映配給。

コミック[編集]

内田康夫原著の浅見光彦シリーズは角川書店実業之日本社秋田書店サスペリアミステリー)からコミック化されている。

実業之日本社版[編集]

巻数 発売日 タイトル イラスト 原作
1 2006年11月18日 浅見光彦ミステリースペシャル 中邑冴
稜敦水
『黄金の石橋』
『耳なし芳一からの手紙』
2 2007年11月29日 浅見光彦ミステリースペシャル2 羽柴麟
中西ゆか
『氷雪の殺人』
『朝日殺人事件』
3 2008年01月29日 浅見光彦ミステリースペシャル3 稜敦水
日下部拓海
『十三の冥府』
『鏡の女』
4 11月29日 浅見光彦ミステリースペシャル4 中邑冴
春日かおる
『三州吉良殺人事件』
『日蓮伝説殺人事件』
5 2009年04月07日 浅見光彦ミステリースペシャル5 千村青
中西ゆか
『赤い雲伝説殺人事件』
『歌枕殺人事件』
6 8月19日 浅見光彦ミステリースペシャル6 日下部拓海
千村青
羽柴麟
『幸福の手紙』
『しまなみ幻想』
『透明な鏡』
7 2010年02月06日 浅見光彦ミステリースペシャル7 中邑冴
苑場凌
『秋田殺人事件』
『皇女の霊柩』
8 6月30日 浅見光彦ミステリースペシャル8 千村青
春日かおる
『天城峠殺人事件』
『鄙の記憶』
9 10月29日 浅見光彦ミステリースペシャル9 たのまゆうむ
苑場凌
『佐用姫伝説殺人事件』
『贄門島』
10 2011年03月07日 浅見光彦ミステリースペシャル10 稜敦水
中西ゆか
『美濃路殺人事件』
『崇徳伝説殺人事件』
11 9月29日 浅見光彦ミステリースペシャル11 日下部拓海
千村青
『竹人形殺人事件』
『津和野殺人事件』
12 2012年3月29日 浅見光彦ミステリースペシャル12 羽柴麟
苑場凌
『記憶の中の殺人』
『高千穂伝説殺人事件』
13 4月26日 浅見光彦ミステリースペシャル13 沢音千尋
中西ゆか
『平城山を越えた女』
『漂泊の楽人』
14 11月7日 浅見光彦ミステリースペシャル14 稜敦水
たのまゆうむ
中邑冴
『砂冥宮』
『地下鉄の鏡』
『城崎殺人事件』
15 2013年2月26日 浅見光彦ミステリースペシャル15 千村青
日下部拓海
榎本由美
『鬼首殺人事件』
『逃げろ光彦』
『鳥取雛送り殺人事件』
16 6月29日 浅見光彦ミステリースペシャル16 稜敦水
たむら純子
『斎王の葬列』
『御堂筋殺人事件』
17 10月29日 浅見光彦ミステリースペシャル17 千村青
黒川晋
『「紅藍の女」殺人事件』
『鞆の浦殺人事件』
18 2014年4月28日 浅見光彦ミステリースペシャル18 たのまゆうむ
たむら純子
『イーハトーブの幽霊』
『還らざる道』
19 7月9日 浅見光彦ミステリースペシャル19 沢音千尋
稜敦水
『若狭殺人事件』
『藍色回廊殺人事件』

秋田サスペリア版[編集]

発売日 タイトル イラスト
1999年08月26日 風葬の城 長尾文子
2000年09月25日 博多殺人事件 市東亮子
2001年01月05日 浅見光彦殺人事件 月嶋つぐ美
2002年04月30日 恐山殺人事件 ひたか良
5月10日 長崎殺人事件 たまいまきこ
9月01日 上野谷中殺人事件
(『鏡の女』も収録)
えぐちゆう
12月05日 薔薇の殺人 鳥羽笙子
2003年03月20日 終幕のない殺人 秋乃茉莉
6月30日 琵琶湖周航殺人歌 時友美如

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “速水もこみち:TBSの新・浅見光彦に抜擢 沢村一樹からバトンタッチ”. 毎日新聞. (2012年8月19日). http://mainichi.jp/graph/2012/08/19/20120819dyo00m200010000c/001.html 2014年9月6日閲覧。 

外部リンク[編集]