河合優子 (ピアニスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

河合 優子(かわい ゆうこ、10月20日 - )は日本ピアニスト愛知県岡崎市出身。ナショナル・エディションによるショパンの2曲のピアノ協奏曲・1台ピアノヴァージョン世界初演者。2001年より世界で初めて、ナショナル・エディションに基づくショパン全曲演奏会(ひとりのピアニストによる)をおこなっている。

経歴[編集]

愛知県名古屋市に生まれ、岡崎市で育つ。5歳から母のもとでピアノを始め、小学校2年生のときに初めてピアノの先生のところへ通うようになる。名古屋市立菊里高等学校音楽科を経て愛知県立芸術大学音楽学部卒業、同大大学院音楽研究科修了。大学院在学中の1990年に来日したポーランドのピアニスト、ヤン・エキエルに演奏を認められ、翌1991年春にポーランド国立ワルシャワ・ショパンアカデミーに留学、1994年研究科修了。1995年7月マリーエンバート・ショパン国際ピアノ・コンクール第3位入賞。同1995年10月、第13回ショパン国際ピアノ・コンクール(ワルシャワ 開催)では入賞を逃したにもかかわらず、聴衆やメディアの反応は大きく、著名な批評家ヤヌシュ・エキエルトの発表した評論「スターは消えてゆく」「戦闘後の風景」、およびポーランド国営ラジオ第一放送がコンクール直後に放送した彼女に関する特別ルポルタージュ番組が大きな反響を呼び、翌1996年2月、3月の14回にわたるポーランド全国リサイタルツアーをきっかけに演奏活動に入る。

1999年ポーランド永住権取得。2001年からは世界で初めて、ナショナル・エディションに基づくショパン全曲演奏会・全曲録音およびマスタークラスの大プロジェクト"河合優子Chopinissimoシリーズ"を愛知県で開始。東京・浜離宮朝日ホールでの第一回リサイタルは評論家岡本稔氏により「コンサートベストテン2005」のひとつに選ばれた。

「レコード芸術」では「能に通じる品格のある静けさや簡素な美しさと、スラヴ的なダイナミズムとリリシズムの融合」「透徹したリリシズムはリパッティに匹敵」などの評を得る。

  • 2005年3月、ワルシャワ国立フィルハーモニーホールでおこなわれたナショナル・エディション特別記念コンサートに出演(名誉後援:レフ・カチンスキ)
  • 2008年1月、名古屋と安城でモーツァルトのピアノソナタ全曲演奏会を完結させる。
  • 2009年2月、カルクブレンナーのピアノ協奏曲第4番を日本初演。
  • 2010年6月、ワルシャワ・フィルハーモニー弦楽四重奏団と日本ツアー(大阪、岡崎、名古屋、浜松、東京)。ショパンのピアノ協奏曲第1番および第2番を室内楽版で協演。
  • 2010年9月、ローマでナショナル・エディションによるショパン:ピアノ協奏曲第1番・1台ピアノヴァージョンをイタリア初演。
  • 2010年7月-10月、CLASSICA JAPAN のテレビ番組『河合優子が語るショパン・ナショナル・エディション』(全13回)に出演。この一連の番組は翌2011年の 第1回衛星放送協会 オリジナル番組アワード「オリジナル編成企画部門」最優秀賞 を受賞した。
  • 2011年4月、ワルシャワ国立フィルハーモニーホールでリサイタル(協演:ワルシャワ・フィルハーモニー弦楽四重奏団)。
  • 2011年5月、ウィーンでナショナル・エディションによるショパン:ピアノ協奏曲第1番・1台ピアノヴァージョンをオーストリア初演。
  • 2012年3月、ワルシャワで東日本大震災一周年追悼チャリティー・リサイタル(名誉後援:アンジェイ・ワイダ、クリスティーナ・ワイダ)。
  • 2013年3月、ワルシャワ、ショパン博物館コンサートホールで東日本大震災二周年追悼チャリティー・リサイタル(NIFC所蔵 1855年製エラール使用)。
  • 2013年8月、恩師ヤン・エキエル教授の100歳記念バースデー・コンサート(第9回ショパンと彼のヨーロッパ国際音楽祭。ワルシャワ)で、ショパンのピアノ協奏曲第1番および第2番を 1台ピアノヴァージョン で演奏。その日の TVP1のニュースで放映された。

ポーランド留学[編集]

河合はヤン・エキエル(1913-)の最晩年の弟子として薫陶を受けた。エキエルの推薦・招待により河合がワルシャワ・ショパンアカデミー(現ショパン音楽大学)に留学した時、エキエルは77歳で現役のプロフェッサー。弟子は常に1人か2人で、高齢とは思えない情熱とエネルギーで徹底して生徒のレッスンにすべてを注いでいた。河合は留学中、月曜日の15時から2時間のレッスンであったが、レッスン時間はしばしば延長され、レッスン後はエキエル教授とともにアカデミーから新世界通りのバス停まで歩き、バスに乗り込む教授を見送るのが常であった。レッスンの緊張から開放され、音楽院からバス停まで毎週の「散歩」でショパンや音楽について忌憚なく話すことのできた経験は、レッスンとは別に途方もなく貴重であったと河合は述べている[1][2][3]

ディスコグラフィー[編集]

  • デビューアルバム ショパン レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ(BeArTon)1999
  • ショパン バラード(全曲)/即興曲集 (PLATZ)2004
  • ショパン 小品集 (BeArTon)
  • ショパニッシモ I (Imagine)
  • ショパニッシモ II (Imagine)
  • ショパニッシモ III (Imagine)
  • ショパニッシモ IV (Imagine)
  • ショパニッシモ V (Imagine)
  • ショパニッシモ VI (Imagine)
  • ショパニッシモ VII (Imagine)
  • ショパニッシモ VIII(Imagine)
  • ショパン ピアノ協奏曲集 1台ピアノヴァージョン(BeArTon)2010

テレビ[編集]

  • NHK-BS クラシック俱楽部(スカルラッティ、J.S.バッハ、ショパン、バルトーク)2011
  • クラシカジャパン「河合優子が語るショパン・ナショナル・エディション」(全13回)2010

− 第1回衛星放送協会 オリジナル番組アワード「オリジナル編成企画部門」最優秀賞受賞

  • 「河合優子ピアノリサイタル」(岡崎市シビックセンターコンサートホール コロネット) CATV MICS 2004−2010
  • 名フィル・サンデーコンサート (中京テレビ)1987
  • テレビ朝日
  • TVP1
  • TVP2
  • TVP Kultura
  • TVN
  • iTVP
  • EDUSAT
  • Mazowsze TV

ラジオ[編集]

  • NHKラジオ深夜便
  • NHK FM
  • J-WAVE
  • FM岡崎
  • ポーランド・ラジオ第一放送
  • ポーランド・ラジオ第二放送
  • RMF
  • Chicago 98.7WFMT

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Klaviatur
  2. ^ NHKテレビ テキスト
  3. ^ 月刊ショパン

外部リンク[編集]