汎アフリカ色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エチオピアの国旗(伝統的なもの)は汎アフリカ色の三色を使用した
世界黒人開発協会アフリカ社会連合の旗

汎アフリカ色(はんアフリカしょく)はアフリカ諸国で主に国旗などで使用される三色の組み合わせ。通常、の三色の組み合わせを指す。

この三色は1798年よりエチオピアの国旗で使われ始めた。赤は殉教のために流された血、緑はアフリカの植生、黄はアフリカの富と繁栄を象徴している。 アフリカ唯一の独立国であったエチオピアはアフリカの独立運動家から尊敬を集めた。宗主国からの独立に際してエチオピア国旗と同じ三色を国旗に使ったのは1957年ガーナが最初である。エチオピアを理想とするジャマイカラスタファリ運動にもこの三色は影響を与えた。

世界黒人開発協会アフリカ社会連合Universal Negro Improvement Association and African Communities League)によると、汎アフリカ色は赤・緑・であるという主張もある。アフリカ諸国の国旗にも黒を使用した国旗がいくつかある。

なおリトアニアの国旗ミャンマーの国旗なども赤・黄・緑の三色を使用しているが、アフリカとは関連性は無い。

汎アフリカ色を使用している主なアフリカ諸国の国旗[編集]

関連項目[編集]