ギニアの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギニアの国旗
ギニアの旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上、市民・政府・軍隊海上?
縦横比 2:3
制定日 1958年11月10日
使用色

(汎アフリカ色)
テンプレートを表示

ギニア国旗(Flag of Guinea)(は独立に伴い、1958年11月10日に採用された。左からを配した縦三色旗である。

この三色はアフリカ最古の独立国・エチオピア国旗に古くから用いられているもので、汎アフリカ色と呼ばれ、他の多くのアフリカ諸国の国旗にも取り入れられている。ギニア以前には、1957年制定のガーナの国旗が汎アフリカ色を採用していた。

赤は血、黄色は金や太陽、緑は農業を意味している。マリの国旗とは、緑と赤が入れ替わったデザインとなる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]