南アフリカの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南アフリカの国旗
南アフリカ共和国の旗
用途及び属性 市民・政府陸上、市民・政府海上?
縦横比 2:3
制定日 1994年4月27日
使用色

南アフリカの国旗(みなみアフリカのこっき、英語: Flag of South Africa)は、南アフリカ共和国国旗である。

レインボーフラッグ英語: Rainbow-Flag)とも呼ばれる[1]

概要[編集]

アパルトヘイトの終焉と同時に、人種差別主義からの決別を明確にするため、1994年4月27日に制定された。当初臨時の国旗としてデザインされたものが、評判が良かったため最終的に正式な国旗として憲法で定められた。

制定時には、特に色には象徴的な意味はないとされていたが、近年は意味づけが非公式に伝えられている。は過去の対立の中で流された血、は空と二つの海、は南アフリカで欠かせない農場と自然、は南アフリカで産出されるに代表される天然資源は南アフリカの黒人の国民、と同時に他のアフリカ諸国とのつながり、は南アフリカの白人の国民、と同時に平和を、それぞれ示していると言われている。

公式的に色には特に意味はないとしながらも、黒・黄・緑はアフリカ民族会議 (African National Congress) の旗の三色であり、残りの赤・青・白は旧宗主国イギリスオランダ国旗の三色である。そのため現在の国旗はアフリカの伝統と歴史を示していると解釈される。

歴史[編集]

イギリスの旗 イギリス植民地
1795 - 1910
ナタール共和国 ナタール共和国
1839 - 1843
ケープ植民地 ケープ植民地
1795 - 1910
トランスヴァール共和国 トランスヴァール共和国
1852 - 1902
オレンジ自由国 オレンジ自由国
1854 - 1902
オレンジ川植民地 オレンジ川植民地
1902 - 1910
1910年から1912年までの国旗 南アフリカ連邦
1910 - 1928
国旗は1912年に一部改定
1912年から1928年までの国旗
1928年から1994年までの国旗 南アフリカ連邦
1928 - 1961
南アフリカ共和国
1961 - 1994
トランスカイ トランスカイ
1963 - 1994
ボプタツワナ ボプタツワナ
1972 - 1994
ヴェンダ ヴェンダ
1979 - 1994
シスカイ シスカイ
1981 - 1994
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
1994 - 現在

脚注[編集]

  1. ^ この通称は、実際には別のレインボーフラッグが存在するために本国や英語圏諸国ではあまり普及していない。

関連項目[編集]