永康区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
台南市 永康区
別称: 埔羌頭
永康公園02.JPG
永康公園の景色
地理
Yongkang TN.svg
位置 北緯23°01'
東経120°14'
面積: 40.2753 km²
各種表記
繁体字: 永康區
日本語読み: えいこう
漢語: Yŏngkàng
通用: Yŏngkàng
注音符号: ㄩㄥˇㄎㄤ 
片仮名転写: ヨンカン
行政
行政区分: 市轄区
上位行政区画: 台南市
下位行政区画: 39里1,269鄰
政府所在地: 中山南路655號
永康区長: 王峻明
公式サイト: 永康区公所
情報
総人口: 227,228 人(2014年3月)
戸数: 80,350 戸(2014年3月)
郵便番号: 710
市外局番: 06

永康区(えいこう-く)は台湾台南市に位置する市轄区

歴史[編集]

永康は末の鄭成功時代に漢人により新港渓(現在の塩水渓)沿いに入植するための拠点として開発された。漢人は新港渓を遡上し、南岸に集落を築き開墾に着手し、郡城(現在の台南市)から北部への交通の要衝として繁栄した。当時の永康は「埔羌頭」と称されたが、これは明末清初にかけて戦国時代日本で需要の高まった武具へ使用する鹿皮の主要供給地とし、漢人は米や塩などの物資を平埔族と鹿皮と交換し日本に輸出し、鹿肉は干肉と加工され大陸に輸出されていたことに由来する。閩南語では「埔」は平地を意味し、「羌」は小鹿の一種を、「頭」は海辺の岬を意味し、「埔羌頭」とは鹿野多い海沿いの平地という意味である。

鄭成功による台湾統治が開始されると、承天府和安平鎮が設けられ、安平鎮は付近の24里を管轄した。当時の「埔羌頭」の正式な名称は「永康里」とされている。清代の康熙23年になると永康は台南府に帰属することとなった。1895年以降日本の統治が開始されると、永康「埔羌頭庄」が設置され台南州台南弁務署に帰属した。その後は「永康上中里」、「永内区庄」、「永康庄」と改名が続き、戦後に「永康庄」を「永康郷」と改め15村を管轄するようになった。その後は台南市の衛星都市として人口の急激な増加により、1982年に下部行政区域を29村に改め、1993年には人口が15万人を超え、県轄市に昇格、39里を管轄した。2010年12月25日に台南県の台南市編入に伴い永康区と改編された。


歴代区長[編集]

氏名 退任日

教育[編集]

大学[編集]

高級中学[編集]

高級職校[編集]

国民中学[編集]


国民小学[編集]


交通[編集]

種別 路線名称 その他
鉄道 縦貫線 永康駅 大橋駅
高速道路 中山高速公路 永康IC 大湾IC(計画中)
省道 台1線
省道 台19線
省道 台20線

観光[編集]

関連項目[編集]