横井也有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
横井 也有
Yokoi Yayu.jpg
『國文学名家肖像集』(1939年)より
生誕 元禄15年9月4日1702年10月24日
死没 天明3年6月16日1783年7月15日
改名 辰之丞・孫右衛門
別名 野又、野有、暮水、蘿隠、螻丸、永言斎、知雨亭
戒名 並明院殿朝雲暮水大禅定門
墓所 西音寺(愛知県愛西市)
主君 徳川継友宗春宗勝
尾張藩
氏族 横井氏
父母 父:横井時衡、母:石川正相娘(本名不明)
横井番時

横井 也有(よこい やゆう、元禄15年9月4日1702年10月24日) - 天明3年6月16日1783年7月15日))は、江戸時代武士国学者俳人

経歴[編集]

元禄15年(1702年)、尾張藩で御用人や大番頭を務めた横井時衡の長男として生まれ、幼名は辰之丞、通称は孫右衛門と言った。本名は時般(ときつら)、別号に永言斎・知雨亭など。横井氏北条時行の流れを組む家柄と称する。

26歳にして家督を継いだ後は用人、大番頭、寺社奉行など藩の要職を歴任。武芸に優れ、儒学を深く修めるとともに、俳諧は各務支考の一門である武藤巴雀太田巴静らに師事、若い頃から俳人としても知られ、俳諧では、句よりもむしろ俳文のほうが優れ、俳文の大成者といわれる。多芸多才の人物であったという。

宝暦4年(1754年)、53歳にして病を理由に隠居した後は、前津(現在の中区前津1丁目)の草庵・知雨亭に移り住み、天明3年(1783年)に82歳で没するまで、俳文、漢詩和歌狂歌茶道などに親しむ風流人として暮らした。

横井也有と大田南畝[編集]

也有の『鶉衣』は大田南畝により刊行されているが、その経緯について南畝は鶉衣の序文に記している。安永の初め頃、たまたま長楽寺に立ち寄った南畝はそこで也有の「借物の弁」を目にし、「余りに面白ければ写し帰」ったという。それ以降、尾張出身者に会う度に也有のことを尋ね、漸くその著作を目にする機会が訪れたが、その時すでに也有は亡くなっていた。南畝は也有の作品がこのまま埋もれてしまうのは惜しいと思い、自らの手で刊行することとした。こうして『鶉衣』が世に出ることになったのである。

著作[編集]

  • 鶉衣(俳文集)
  • 蘿葉集・垤集(句集)
  • 漏桶(連句集)
  • 管見草(俳論)
  • 蘿隠編(漢詩文)
  • 行々子(狂歌集)

「鶉衣」に記された也有の句のひとつ「化物の正体見たり枯尾花」は「幽霊の正体見たり枯尾花」と変化して広く知られている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]