松平近説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
松平 近説
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文政11年12月5日1829年1月10日
死没 明治19年(1886年11月18日
戒名 心寛院
墓所 東京都文京区小石川の伝通院
幕府 江戸幕府奏者番寺社奉行若年寄
豊後国府内藩
氏族 大給松平家→大給氏
父母 父:松平定永、養父:松平近信
兄弟 定和板倉勝静土岐頼之近説
石川総禄正室のち九鬼隆都継々室
正室:松平乗全の娘、継室:太田資師の娘
養子:近道

松平 近説(まつだいら ちかよし)は、豊後国府内藩の第10代(最後)の藩主。一生大給松平家12代。幕末に大給(おぎゅう)姓に改名し、大給近説となる。

生涯[編集]

伊勢国桑名藩松平定永の十一男。天保12年(1841年)7月、近信の死去に際し、末期養子として家督を相続する。天保13年5月、将軍徳川家慶に拝謁する。同年10月、従五位下左衛門尉に叙任する。14歳で急遽藩主となったため、当初は先々代藩主の近訓が後見役となった。その7年後から政務を執るようになり、藩校・遊焉館や医学館(稽全館)を設置するなど、特に学問の奨励に尽力した。

文久元年(1860年)8月20日、奏者番となる。元治元年(1864年)11月1日、寺社奉行兼任となる。同年12月27日、寺社奉行兼任を解かれる。慶応元年6月15日、再び寺社奉行兼任となる。同年11月12日、御用取次役兼任となる。慶応3年(1867年)7月5日、若年寄となる。同年9月1日、会計奉行兼任となる。同年12月3日、国内事務の担当を命じられる。また、第2次長州征討では小倉に出兵したものの、大政奉還後には国元で勤王派の増沢近篤(虎之丞、近訓の長男)が藩主代理に立てられ、幕府要職にあった近説は裏切られる形となった。

慶応4年(1868年)2月6日、若年寄を辞職した。同年3月20日、松平姓を大給に改めた。同年3月25日、恭順の姿勢を示すため、上洛したものの、謹慎を命じられた。中川久昭を仲立ちに謝罪する。同年5月13日、謹慎をとかれる。同年7月10日、ようやく帰藩を許可される。明治2年(1869年)6月、版籍奉還により府内藩知事に任命された。明治4年(1871年)7月、廃藩置県により知事職を解任された。同年10月10日、養子近道(1854-1902。実父は府内藩士族の増沢近篤[1]。八代府内藩主松平近訓の孫)に家督を譲って隠居した。明治19年(1886年)死去、享年58。

宮中読書の儀鳴弦の儀奉仕員。左から3人目が近説の孫の大給近孝

子孫[編集]

家督を継いだ大給近道は明治維新で子爵となり、近道の死後、長男の大給近孝(1879-?)が子爵家を相続した。近孝は学習院初等科・中学科を卒業後、とくに職には就かず、日本弘道会評議員、子爵会幹事などを務めた[1]。学習院ではで大正天皇の学友であった[1]酒井忠篤 (庄内藩主)の娘・米子(1885-?)と結婚して三女をもうけ[1]、長女・カ都子の夫・大給近憲(上杉茂憲の子)を養嗣子とし、次女・幸子は五代友厚の孫・土居保太郎に嫁がせた。近道の次男・大給近清は黒田清輝の娘と結婚したが夭折した[1]。近孝の娘婿・大給近憲の没後はその長男・大給近達(1930-2013。文化人類学者・国立民族学博物館名誉教授・淑徳学園元理事長)が継いだ[2]

明治初期に大給近道が屋敷を構えた駒込千駄木坂下町(現・千駄木3丁目)には「大給坂」と名付けられた坂が遺る[2]。また、地元青年団のために大給近孝が寄付して1926年に建てられた文武道場「芳林閣」が現存する[3]。千駄木林町(現・千駄木3-12)にあった近孝邸は、鈴木三樹之助に売却されたのちに大平正芳邸となり、近孝が遺してほしいと希望したいちょうの大木とともに文京区千駄木第二児童遊園となっている[2][4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 日本弘道會評議員 子爵 大給近孝 『大分県人士録』(大分県人士録発行所, 1914)
  2. ^ a b c 大給子爵家こぼればなし鵠沼を語る会
  3. ^ 芳林閣地域雑誌「谷中 根津 千駄木」28号
  4. ^ 大給坂(おぎゅうざか)文京区、2012年03月26日