木村幹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
きむら かん
木村 幹
神戸大学前にて。(2005年)
生誕 1966年4月7日(48歳)
日本の旗大阪府河内市
出身校 京都大学
職業 政治学者
公式サイト
kimurakan.web.fc2.com

木村 幹(きむら かん、1966年(昭和41年)4月7日 - )は、日本の政治学者、神戸大学教授。専門は比較政治学朝鮮半島地域研究博士法学)。大阪府河内市(現・東大阪市)生まれ。京都大学での指導教授の木村雅昭と血縁関係はない。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1993年(平成5年) - 愛媛大学法文学部助手
  • 1994年(平成6年) - 愛媛大学講師。
  • 1997年(平成9年) - 神戸大学国際協力研究科助教授。
  • 2005年(平成17年) - 神戸大学大学院国際協力研究科教授。

兼職[編集]

受賞[編集]

  • 2001年(平成13年) - 第13回アジア・太平洋賞特別賞受賞(『朝鮮/韓国ナショナリズムと「小国」意識』に対して)。
  • 2003年(平成15年) - 第25回サントリー学芸賞受賞(『韓国における「権威主義的」体制の成立』に対して)。

著作[編集]

単著[編集]

共編・編著・共編著[編集]

主張[編集]

2014年6月に、ナヌムの家で共同生活を送る元慰安婦たちが、朴裕河の『帝国の慰安婦』が自分たちへの「名誉毀損」だとして告訴し、出版差し止めを求めたことに対して、朴裕河が誤っていると思うなら公開の言論の場で反論すれば良いのであり、特定の議論を封殺しようとするのは、慰安婦問題の解決・解明を妨げ運動の信頼性を傷つけるだけだと、批判している[1]。また、韓国国内で「反日書籍」が少ないのは、「イデオロギー的ヘゲモニー」「強固な常識」が確立し、「常識」に挑戦する人々を弾劾し異端者として封圧する「組織」があり、異端者のレッテルを貼られた人は社会の中での居場所を失い主張を撤回せざるを得なくなるため、議論がなくなってしまったためだと批判している[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]