朝鮮中央歴史博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 朝鮮中央歴史博物館
朝鮮中央歴史博物館、2012年8月7日
施設情報
開館 1947年8月
所在地
平壌市
位置 北緯39度1分14.42秒 東経125度45分17.26秒 / 北緯39.0206722度 東経125.7547944度 / 39.0206722; 125.7547944座標: 北緯39度1分14.42秒 東経125度45分17.26秒 / 北緯39.0206722度 東経125.7547944度 / 39.0206722; 125.7547944
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
朝鮮中央歴史博物館とチュチェ思想塔、1988年

朝鮮中央歴史博物館(チョソンちゅうおうれきしはくぶつかん)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の平壌市にある歴史博物館金日成広場に隣接した場所にある。1947年8月に完成。

概要[編集]

恐竜のジオラマに始まり、古代原始時代土器青銅器鉄器装飾品などや、李氏朝鮮時代の朝鮮絵画陶磁器など約10万点の文化遺産が所蔵、展示されており、朝鮮半島北部の歴史を通覧できるようになっている。

平壌に都があった高句麗高麗に関しては、特に広いスペースを割いて展示しており、金メッキの甲冑を被った高句麗騎兵の実物大模型が展示されている。また、の侵攻や文禄・慶長の役ジェネラル・シャーマン号事件などを迎え撃った、朝鮮半島に対する侵攻を防いだ歴史にも大きく触れているが、へ高麗が服属したことや、への朝貢江華島事件など展示は一切無い。

電力不足のためか、観覧者がいないときには展示室の電気を消灯している。また、館内での写真撮影は禁止されている。

参考文献[編集]