服部譲二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

服部譲二(はっとり じょうじ、1969年1月21日 - )は、東京都生まれのヴァイオリニスト指揮者である。母は、同じくヴァイオリニストの服部豊子である。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

服部家はセイコーのオーナー一族である。5歳から母親にヴァイオリンを習い始める。1977年、家族とともにウィーンへ移住し、主にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバーと親しんだ。ライナー・キュッヒルミシェル・シュヴァルベウラディーミル・スピヴァコフに師事した。ミネアポリス音楽大学で学んだ。

ヴァイオリニストとしての活躍[編集]

1989年、第4回ユーディ・メニューイン国際コンクールで第1位、1990年スヘフェニンゲン国際音楽コンクールで第2位、1991年、第2回レオポルト・モーツァルト国際ヴァイオリン・コンクールで第2位を受賞した。1992年、第3回新日鉄音楽賞「フレッシュ・アーティスト」 を受賞した。

指揮者としての活動[編集]

2002年、第1回マゼール・ヴィラー指揮者コンクールで「リンカーン・マゼール・フェローシップ賞」を受賞し、指揮者としてカーネギーホールでデビューした。

近況[編集]

現在、ロンドンに在住し、英国王立音楽院の客演教授を務めている。 2007年秋、ドイツ・エアフルト歌劇場の第1カペルマイスターに就任した。

外部リンク[編集]