有視界飛行方式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゆうしかい有視界飛行方式 (厳密には『有視界飛行方式による飛行』。英語表記は、VFR: Visual Flight Rules:) とは、離陸後に目視にて位置を判断する飛行のことである。以下VFRと呼称する。日本国の航空法施行規則 第五条の二によると、「有視界飛行方式(VFR)とは、計器飛行方式(IFR)以外の飛行の方式をいう」とある。また、日本国航空法において「計器飛行」とは、「航空機の姿勢、高度、位置および針路の測定を計器のみに依存して行う飛行」であって、前述した「計器飛行方式(IFR)」は、管制官や運航情報官の指示や提供情報に常時従って飛行する方式であり、意味は異なることに注意されたい。

概要[編集]

ライト兄弟の時代から第二次世界大戦終戦1960年代頃まで主流であったのがこのVFRである。

この当時は,計器飛行方式 (IFR) と言った手段が確立されておらず、無線標識無線方位信号所など)や航空路レーダーも無かったため、当時は地形を頼りに操縦士の目視による飛行となっていた。これが現在のVFRの基である。 空港周辺空域など交通がふくそう(輻輳)する定められた空域では管制官の指示に従わなければならないが、空域を出ると指定高度内を自由に飛行できる。管制下にないVFR機は、操縦士の責任において目視で他機との間隔を取る。

しかし,この方式では悪天候下における飛行はほぼ無理であることと、に突入してしまえば非常に危険である。更に,第二次世界大戦後の1950 - 1960年代にかけて、日本国内でも全日空機雫石衝突事故が発生しているように、航空路の過密化に伴い、目視不足及び視認不能状態による空中衝突事故が多発する危険があると言う欠点があった。

現在では技術の発展によって1970年代から航空機に搭載されている計器を頼りに航空管制の指示に従い飛行するIFRが主流となったため、定期便はIFRでの飛行が義務付けられた。また、国際民間航空機関 (ICAO)により、VFR飛行を行うことが可能な気象状態(有視界気象状態、VMC : Visual Metrorogical Condition)が定められており、空域ごとに雲との距離や視程などの条件が規定されている。このため、悪天候下における飛行機の飛行は,ほとんどIFRでの飛行となっている(ただし例外がある[1])。 例えば,ヘリコプターはIFRも可能であるが、VFRでの飛行が主である。しかし、グライダーについてIFRができないという規定はないものの、計器飛行証明を取得できないため実際にはIFRができない。[2]

代表的な定期航空路における有視界飛行方式を採用していた路線に、新中央航空の東京都調布空港の離発着便があり、HPにもその旨を了承いただくよう案内していたが、2013年6月18日よりIFRを導入している。

  1. ^ 例外として航空ショーなどのデモンストレーション飛行において同一空港発着における空域内飛行においては飛行機でもVFRが許可される。
  2. ^ 必要な計器・装備があれば理論的には不可能ではないが、計器飛行証明の試験について定められた文書には飛行機回転翼航空機飛行船の3種類しかなく、滑空機(グライダー)は考慮されていないため同証明を取得することはできない。

関連項目[編集]